FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
もう、妖精さん達は纏めて仲間になるとう流れなんでしょうね。女兵士もかと思ったらそうは行きませんでした。まぁ幾ら戦力差があるとは言っても、敵があまりにも馬鹿しか居ないとなると流石に面白味に欠けますからね。

しかし、本気で分かり易い馬鹿とうのが今回は結構出てきていてちょっと気が抜けてしまいます。そういう方がキャラに集中出来るという点と、不条理さを過剰に演出しやすいとう点、更にはそこから正常な結果に戻った時の爽快感というところが得られるんでしょうが、その分話としては全く成立しなくなるという欠点があります。

それを補えるだけのネタが用意できれば良いんでしょうが、今のところその様子は特に無いように思えます。逐次的なインパクトで勝負出来れば良いという考え方もこの作品ならアリかもしれませんが。
スポンサーサイト
本当に分かり易い話を持ってきます。今回明確に描かれていた事は二つ。一つは、家柄などと言う言葉を恥ずかしげも無く付く連中は愚か者であるという事。もう一つは、能力のある人間と無い人間では話をしても噛み合わないと言う事。どちらも揺るぎようのない真理でしょう。そういうのをベタで描くのでちょっと苦笑してしまいます。

話自体は、世界観を歴史的見地から紐解くとう流れなので、非常に真面目。問答無用で現状の前提条件を押しつけてくる作品が多い中で、もし真面目にその前提が成立した理由を突き詰める方向に進んだとしたら、意外に当たりの作品になるかもしれません。

ただし、結論もありきたりで終わってしまう可能性が高いでしょうが。