FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
TVの占いで、今日はベタに気をつけた方がいいって言ってました……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
サブタイトルの通り、本当にある夫婦の事について描いているだけなんですが、メインキャラ達との絡ませ方が上品で巧いので良い感じに仕上がっています。それぞれのキャラ達の個性が結構強くて、それぞれの話を作るのは結構面倒で、かつそれが作品全体の雰囲気にマッチしていないといけない。

それが出来ないと店として成立しないし、それはすなわち作品として成立しないと言う事。そうならないように巧く作っているなと感心します。更に異分子であるニコレッタの絡ませかたも非常に適切で、彼女に第三者視点を担当させると共に、作品世界に馴染ませると言う事に成功しています。

それをもって、ニコレッタネタを持ってくるという構成のタイミングもなかなか巧妙。それぞれのキャラのエピソードを単に個別にしないできちんと作品の一部として仕上げていたからこそ出来る芸当でしょう。好みはともかく、作品としての質の高さを感じさせます。まさにいぶし銀のように光っているという感じでしょうか。
鳳さんと凰さんの関係はまぁ予想の範疇でした。驚くのは、4つの勢力があるとう話になって、なんとこの短期間でその内の3つまでが片付いてしまったという事。それだけ残りの1つが厳しいという事になるんだと思いますが、それにしても結構先があるだけに、大丈夫なのかちょっと心配だったりします。

凰さんも美少女に化けるのかと思ったら、結局取りの姿のママというのはかなり残念ではあります。これ以上キャラが増えても処理に困るのかもしれませんが、ここまで来たからには毒を食らわば皿までで行って欲しかった。これから化けるのかもしれませんが。

ヒロインは寝込んでしまったようだし、それでなくても彼女が活躍するシーンというのが極端に少ない気がします。この手の単純萌えアニメ構成の場合キャラに対するバランスが常にネックになるというのは毎度の事ではあります。マシロに関しては恐らくこれから幾らでも活躍のチャンスはあるのだろうから、それまでは他のキャラを軸にするというのも悪くないのかもしれません。
本当に乳を出させる為だけに戦っているんじゃないかと思うような。いや実際そうなのかもしれませんが、そんな状態です。ついに本気の能登のターンなんですが、思っていた以上に弱い。それだけ決定的に強いキャラが居なくて拮抗していると言えば聞こえは良いですが、あまりにもあっさりと負けそうになったのでちょっとビックリ。

しかし、もしあれが正式にクイーンズブレイドの戦いとして認められたのだとしたら、助っ人のヘルプはOKなんだろうか? そういう部分かなり適当な気がする。

話の方としてはやっぱりキャラの数がやたらと多いのに絡みがほとんど無いので、相当厳しくなっています。というか既に収拾が付かなくなっているようにも感じられます。まぁそこを求めてもしょうがないんだろうなという気はしますが。

今回はエリナが結構見所で、乳出しもそうなんですが、その態度というか行動パターンがほとんどアーミテージな感じなのが良いです。能登と対決していると、卑怯だよハルカちゃんとか突っ込みが入るんじゃないかとハラハラしてしまいました。