FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
やっぱり原作1本じゃ30分は辛いってことがはっきり判る回でした。とりあえずキャラの回持ち回りしているって感じはしますが、それなりに楽しめればそれで良しって事でしょう。そういう意味ではシリーズ構成はよく考えられていると言えるのかもしれません。

これで、ヒナギクの誕生日ネタの前振りも出来た事だし、その話も出てくるんでしょう。どうも今回のシリーズの主役はヒナギクのようですから、彼女を中心にエピソードを組めればバッチリでしょう。

シラヌイも意味ありげに出てきた割には(原作では)その後鳴かず飛ばずの状態になっています。まぁ猫ですから仕方ないし、それじゃなくてもキャラが多くて扱いがしんどそうですからそういうもんなのかもしれません。
スポンサーサイト



なんというコミュニケーション不全症候群っぷりでしょうか。少しの会話をすれば全て解決するんじゃないかと思われるような状況で、お互いにそれを拒否しているんですから、兄と妹の戦いもくそもあったもんじゃありません。茜さんまでがそれに便乗していますからこれはもう完全に茶番劇です。

原作の問題なのかアニメのシナリオの問題なのかは判りませんが、こういうチープな内容が頻繁に見受けられます。その度に完全に興醒めしてしまいます。そもそも循環することでテラが減らないというのは判るとしても、絶対量が増える訳ではないのでパワーアップするのはどうなんだろという気がしますし。

どうもそういうディテールがあまあまなところが多いです。大味を飛び越えて適当すぎるという感じがします。
さて、おねーちゃんは一体どんな原理で行動しているのか、結構興味があったんですが、思っていた異常に単純な話でした。結局、ゲームに上がることを目的としない以上、その行動の動機パターンは無限になってしまいますから、読めないのも当然です。実際問題として、このゲームに参加させられたとすれば、上がりを最初から放棄して100億を使い切るという方向に走る人間が多数出たとしても不思議な事ではない。

けど、話としては二人連続でそういうセレソンが出てきていて、三人目もとなるとちょっと残念な気がします。それぞれの動機付けは確かに本質的に異なるものではあるし、現段階は何よりも滝沢がシステムを把握するという事の方が重要ということなのかもしれません。そうしないと判断基準が明確化しないし、滝沢というキャラを貶めてしまう事になりかねません。セレソンはまだ人数的には残っているのでそちらを使い捨てる方が当然合理的です。

これがこれまでのように単純に他のセレソンの様子を探るという話になっていると、流石に三度目はとなったかもしれませんが、今回はそれにプラスしてエデンのメンバーとの関わりをポイントすることが出来たし、何気にミサイル攻撃に滝沢が絡んでいるというネタも出されました。そういう意味では、巧く考えられた脚本だなぁという気がします。

咲というキャラが滝沢に大きく関係してくるだろうという予測は立ちますが、これまでの彼女はどうしても話から浮いてしまっていて、どうやって絡めてくるのかと思っていたんですが、こういう形で咲ちゃんにネタバレさせるというのは巧いです。しかも半裸の美女と一緒に居るところを目撃している訳で、ラブコメ路線としてもきっちり掴んでいます。その辺りの計算高さも健在です。

話の構造がしっかりしているので、見ていて安心できます。じっくりと仕上げていって欲しいですね。
なんで、けいおんに夏奈が居るの? って感じで始まりました。新入生ネタ。これもまぁ部活動には付きものの話ではあります。既にクリスマスまでクリアしてしまいましたから、もうそこまで進んでしまうしかないって感じなんでしょうね。

面白いのは、新入生達の反応。軽音部を見て異常だと感じている。そりゃぁそうなんですけど。いやぁ世界全体が歪んでいるって訳じゃなかったんですね。ということは、あの4人はかなり可哀想な娘達なんだと言う事になります。

まぁいきなり人気クラブになって新入部員殺到ってこになっても裁ききれないので、1人か二人というのは妥当なところでしょう。でも、来年はもう少し頑張らないと廃部になっちゃうぞ。