FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
なんともストレスがたまる試合でした。ポンテの故障に続きここしばらくチームのダイナモとなってきた山田直が出場停止。しかも開始早々に闘莉王の故障交代と嫌な予感が漂いまくりでした。ポゼッションは圧倒的なものの、ボランチより前に繋がってこない。やっと前に入ってもそこからももたもたで、シュートはおろかクロスすら上げられない状態。結局決定的なシーンは大宮の方が多かったでしょう。

どうしても攻撃が組み立てられない。これはもう完全に持病になってしまっています。そして時折悪い取られ方をした時に危険なカウンターを食らう。先制もそれで失点した形。前線で溜められる選手が居ないのがやはりきつい。エジミウソン、高原、原口、エスクデロの全員がきちんとポストが出来ない。

今日はポンテの代わりはエスクデロだったんでしょうが、当然のように代わりにならないどころか山田直の代わりにもなっていない。あれはフォワードとしての動きですね。高原とエスクデロの二枚ではなくて、最初から一枚は三都主あるいは高橋か赤星辺りで行くべきだったんじゃないかと言う気がします。どうもこのところフィンケの采配がコンサバになっているように感じます。それなりに結果が出ているのが理由なのかもしれませんが、内容はまだまだよろしくない状態が続いています。守りに入る状態では全くないし、怪我人も増えてきています。これから夏も来ますし、チームの底上げはまだまだしていくべきでしょう。

試合の方は、とりあえず今年もポンテ頼みって事になりそうです。まぁ監督が変わって1年で全て旨く変わるなんて程甘くはないでしょう。徐々に変えていくしかないでしょうね。
スポンサーサイト



話自体は偉くチープ。こういうチャチな信頼ネタは既に双子の話の時にやってしまって、連続してこの話を出されても呆れるだけ。どうしてもやりたいなら、双子ネタはやめるかタイミングをずらすべきでしょう。その程度の信頼感の問題で全てが解決するなんて酷い話だ。

学園にそれ程重要な秘密がいくつも隠されていると言う割には、警備とかが一切無いというのも異常。結局戦っているのは学生という為体で、しかもそれが世界の存亡に関わると言われてもあり得ないとしか言いようがない。

素直に単なる萌アニメにしておけばまぁそれなりに楽しめるのかもしれないのだけど、そこに下手な話をくっつけてしかも風呂敷を広げようとするからボロが出る。せめてもう少し地味な内容にしてくれればネタとして笑えるんですけどね。
人間に飼われている獣は哀れだ。まぁ王獣だの闘蛇だのなんて特殊な獣じゃなくてもそれは同じでしょう。人間と獣の関係性をどうするべきなのかとうのは色々考えられると思いますが、人間が獣を利用している内はそりゃあ野生の獣に比べて哀れでしょう。

さて、この話はどういう方向に向かっていくのでしょうか。今更そんな詰まらない動物保護話をしても面白味はありません。実際に作品としても政治や戦争という要素が入っています。エリンが鍵になるのは自明でしょうが、それが最終的にどのような方向に行くのかはまだ見えてきません。

人間が今の文明にすがって生きる以上自然とはある程度以上相対するものという位置付けになることは仕方ないでしょう。それを非だと言うなら、それに変わるビジョンを提出しなければなりません。それが出来ない以上それは単なるどっかの団体と同じ似非です。けどまぁ恐らくそういう単純な話な訳ではないように感じます。まだ提出されていない情報がこれからラストにかけてに残っているのでしょう。

実際問題としてエリンもまだ学童でしか無いのですから。そうなると時間との勝負って事になるのかもしれません。2クールで終わらないのだとしたらまだ余裕はありますが。
久川の判断自体は賛同できます。人形なぞ例え優秀であったとしても重視する必要は何も無い。自らの意志を持たないものに価値は無いという考え方は全くその通りだと思う。けれど、ツヴァイに関して言うならばタイミングは適切だったとは言い難い。アインとの絆というものは現時点では誰よりも強いはずで、ましてや過去の記憶を取り戻した状態となれば、打算よりも感情で判断するという可能性は高い。

その後あっさり駄目なら殺すと言ってのけているところを見ると、そこまで本気で手に入れたいと思っていた訳でもないと言う事なのかもしれません。ちょっと遊んでみただけとかそういうレベルか。本当に欲しいなら、帰す事は多分しない。

アインの行動はかなり象徴的ですが、気になるのは組織が真剣に探していると言う割には、ファントムの元々のねぐらがノーマークになっているというのはお粗末極まるという気がする事。こんな程度では足下をすくわれると言う可能性も大いにあるでしょう。

アインとツヴァイは単なる暗殺者でしかありませんが、超一流であるということには留意する必要があります。しかも、内部の事情にはそれなりに精通しています。組織を過信してなおざりな対応をするとあっさりとという可能性もあります。ちょっとそれでは興に欠け過ぎるので、そう簡単に逃げられると言う事にならないで欲しいですが。