FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
完全なインターミッション。この話数でそれをやるのか? って突っ込んでしまいました。しかも話の全容は全く見えていない状態で、纏める気があるんだろうか?

命がけで戦った相手と仲良しモードに即入れるというのもどうなんだろって気がするし、既に整合性を求めるということが空しくなるような展開です。

風呂敷は思いっきり広げましたが果たしてどの程度回収されるのか。考えるのも悲しくなるような気がしてなりません。
スポンサーサイト



部長の超能力はまさしく超能力。相手のペースを崩すという部分にある訳なんだけれど、上がれなければ単なるお馬鹿でしか無い訳で、そこで上がれてしまうというのが超能力です。ある意味予想通りの超能力バトルが展開されて、半分ゲンナリって感じです。

ここから先、特に咲の番にはさらに過激な超能力バトルになる事でしょう。そりゃぁもうドラゴンボールも真っ青って感じかもしれません。

まぁ、もうそれがどうしたって開き直る以外には無いんでしょうけど…
このエピソードは原作も良くできていて楽しませて貰ったのですが、原作が良くできているものほどアニメ化した時のギャップというのを感じるものです。けれど、今回は、原作の良さも情報量もいささかも損なわれておらず、むしろそれにプラスして動画でしか出せない部分や、情報を足し込んでいます。

例えば、やよゐ達が撃たれそうになるシーンの緊張感や、アラシとカヤの歌などはまさに原作以上のものになっています。新房監督は、映像作品のあらゆる技術を面白いように操れる人ですが、それが今回は遺憾なく発揮されています。

特にこのエピソードは、シリーズの中でも最も盛り上がる場面に構成されていると思われるので、過剰な位の方が良いでしょう。次で一応やよゐ編は落ち着くと思うので、ラストをどう締めくくるのか見物です。原作5巻のラストエピソードを持ってくるのが最適ですが、1本で描ききれるかどうか。

何れにしても恐らく納得の行くラストにしてくれるんじゃないかという気がします。1クールという非常に限られた時間を最大限有効に使っているなという気がします。本当に新房組のスタッフは優秀だなと毎度感心させられてしまいます。