FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
宇宙をかける少女というのは、馬鹿の一般総称のことを言うんだろうか。話は混沌としていますが、整然としたところがまるで無いので、一向に内容は見えてきません。一応なぜだか判らないけど戦力は揃ったようで、レオパルドとの対決ってことになっています。

いわゆるどんでん返しを用意したかったんでしょうが、そもそも話として成立しているかどうかが微妙なので、返したことにあまりなっていないのが悲しい限りです。

ネルヴァルの言い分はとても理性的なんですが、話全体として、それを無視する方向に進んでいますので恐らくそういう解決に至ることはないでしょう。既にこの段階で終わっているという気がします。最初から最後まで意味不明でした。ホント、意味の無い作品ばっかりが2クールもやるって状態は今回もってことのようです。残念な限りです。
スポンサーサイト



ラス前にこのネタと言うのも悪くないです。加奈子とやよゐも話に自然に絡めます。これまで謎だっただけに彼女達に対する描き込みが圧倒的に不足しているんですが、今回の一話だけを見てもその辺はかなり補完できたんじゃないかなという気がします。ホント細部まで神経の行き届いた映像を作ってくれます。

で、ラストはどうなるのか。やっぱアラシネタで抑えるんだとしたら、一ちゃんとの出会いネタしかねーでべしょって気がしますね。彼女らしさもそれで演出できます。話としては実は中途半端なんですが、それは原作の展開的にどうにもならないし、そんなことを吹っ飛ばす位に良い話なんで、イケル気がします。

新房作品には毎回思う事なんですが、やっぱり1クールは短いです。じっくり腰を据えて作らせたら一体どんな作品を出してきてくれるのでしょうか。是非一回見てみたいものです。ともかく、良い出来の作品にまた仕上げてくれた事に感謝したいです。
まさに嵐の前の静けさという感じです。一応部長のハッタリはあったものの、それ以外はほとんど何も起こらず終了です。ここからの面子はかなりハデハデなので、超能力バトルの応戦が予測されますから、その前位は人間としての麻雀を見せてくれるというのも悪くないかもしれません。

龍門淵のロリっ娘はかなり煽りを入れていますから、それはそれはある程度の実力を発揮してくれるのでしょう。咲はスロースターターなところもあるので、最初はリードされて後から追い込むという流れが綺麗でしょう。ということは、のどっち快勝という流れのような気がします。

まぁ全国へという方が話的には持って行きやすいでしょうね。そもそもモチベーションの低い連中なんで、そうでもしないと話を作るのが面倒になりそうです。何れにしてもここからは大技炸裂状態になりそうなので、見ている分には楽しめるのかもしれません。
最後は慧ちゃんをメインにしつつも男子3人組の問題を一気に扱うという展開ですが、妥当なところかもしれません。個人的には江ノ本姉に興味があったので、彼女のネタが無かったのが残念なんですが、基本的に中学組をメインに作っていたようだし、それぞれの女の子達がそれなりに可愛く描けていたんじゃないかという気がします。

初恋ということで、最終的な落し処も曖昧な感じになる可能性が高そうですが、そこはそれって事なのかもしれません。とりあえず、いつも強気な慧ちゃんが可愛らしいところを見せてくれたのでそれでOKって事なんでしょうね。

無難な作りですが、飽きさせないように巧く作っていたと思います。ラストをどの辺に落とすのかちょっと楽しみです。期待して待っていたいと思います。