FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
今週の『週刊ブログ妖精』は点特集らしいですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト



FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
ヒナギク乙女モード全開です。この作品の中で真面目なラブコメ的心情表現というのはそれ程多くないんですが、このエピソードに関してはかなり真面目に作られています。ヒナギクを主軸とする話を展開するのは絶対に外せない内容で、これが無いとその後の諸々の展開も厳しくなる事になっています。

それだけアニメの方でも気合いが入っていました。ヒナギクの心情をもう少し丁寧に描いても良かったかなとは思いますが、ハヤテのごとく!であれば、まぁこんなもんでしょうというところで収めています。

さて、これを受けてどんな展開に持っていくのか。むしろそっちの方が楽しみだったります。
平和だなぁ。まぁそれがこの作品のカラーと言えばその通りで、それを象徴するような最終回だったのかもしれません。それぞれがそれぞれの用事をこなしていく訳ですが、結局物足りなくなったのか集まってくるという流れは悪くない。一見すると単なる天然ボケにしか見えない唯が、実はムードメーカーとして良く機能しているというのも良く判ります。

なんだかんだで音楽関係は一向に進まなかったというのも何ともらしいという感じがします。いや、らしく良いのかというのも同時にありますが(笑) ともかく、女の子達がとても可愛らしくそして楽しそうだったというのは確かでした。

ちょっとというかかなり表面的な部分しかなかったんですが、それでこれだけやれるというのは立派なもんです。京アニのアニメーション技術もかなり貢献していたと思います。良い感じの佳作でした。