FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
初っぱなから不幸全開ですが、ジメジメせずにホエホエな感じで進行しています。この雰囲気は嫌いじゃないです。それにしても、新聞屋ってのはかなりの力仕事もあるはずなんで、これだけ若い女の子ばかりで構成されているというのは凄まじい。これなら是非住み込みでお願いしたいと思う人も少なくないはず。

かなちゃんってばしっかりしているようで、そもそも勘違いの暴走というのがなかなかに可愛らしい。それにしても、中学生が急にいなくなったら誰か探してくれるんだろうなぁ。そういうネタも入っているんじゃないかという気がします。

住人達は揃いも揃って変人さんばかりではありますが、不幸まっただ中の中学生にとっては救いとなるお姉さん達ってことになりそうです。まさにうってつけって感じですね。恐らく日常系アニメなので特に変な事が起きるという事はなさそうですが、ちょっとだけ変だよねって感じを維持し続けるのがコツかもしれません。ノリはぽてまよに近いかな。
スポンサーサイト



暴走するネット規制 、あるいは「ネットで婚活」終了のお知らせ

こんな問題は別に今に始まったことじゃないですね。人類の歴史が始まってから現在に至るまで連綿と続くもので、結局なんだかんだ言いつつも肯定派の方が勝利してきたというのがこれまでの経緯。その理由を政治家や役人に求めるというのは一つの方向ではあるのだけれど、それは主権者として無責任極まるだろう。つまり、自称この国の主権者の大半は自由など求めていない。もう少し正確に言うならば、生活や安全が対価であれば簡単に手放すことができると考えている連中の方が多数派であるということだ。

生活や安全のために自由を手放すというのは、当然奴隷の考え方だから、それを肯定するのは奴隷や家畜と同じことだ。人権を放棄してくれれば一番なのだけれど、それでも自分達は人間だと主張してくるから性質が悪い。こういう奴隷根性で形成されている連中は、悪辣な為政者にとって最もありがたい対象であるというのは道理で、だから過度に彼らが求める制約を実行するし、彼らの権利も為政者にとって都合のいい範囲については守ってくれるという依存関係が形成されている訳です。

表現の自由というカードで戦えないという時点で、なんと荒んだ社会だろうと悲しくなります。そもそも、なんで子供と性行為を離さなければならないのかという理由を明確に答えられる奴らすらほとんど存在しないでしょう。そんなのは当たり前ですよね。そんな理由はそもそも存在しないのですから。仮に政治家や役人に全く悪意が無く、また同時に十分な知識と能力を有していたとしても、法律で人間の趣向を制限するというのは、その段階で悪法であると断定できます。そもそも法律でそれをしようという考え自体が破綻しているので、どんな法律を作ったところでまともに機能することは絶対にないでしょう。一部の事例を救えたとしてもそれ以上に逆の事例が発生するであろうことは目に見えています。

奴隷には奴隷の生き方を与えてやるべきだと思う。彼らは奴隷だから、生殖行為が制限されるというのもある意味必然なのかもしれない。家畜の繁殖は飼い主が計画的に行うというのは、当たり前のことです。問題はそんな奴隷を人間だと扱っているというシステムの方ということでしょう。自ら進んで奴隷になりたがっている人間がこれだけいるのだから、素直に人権をはく奪して奴隷として飼育してやれば問題は片付くと思うんですけどね。規制賛成という連中に、そんなに規制してほしいなら、刑務所に暮らせば幸せになれると毎度言うんですが、どうも当人達は不満のようです。けど、もし環境を少しだけ良くしてやりさえすれば心の底から喜んでそこで生きていくと僕には思えますね。だって彼らの主張というのはまさしくそのものなのですから。


FC2テーマ:大衆 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
絶望先生が最初にアニメ化した時一体誰が3期もやると想像したでしょうか。ぶっちゃけ無理があるだろうというのが正直な感想です。けれど、その不可能を可能にしたのは、完全に新房監督のパワーであることは間違いありません。これまでも毎回毎回作品を作って来たシャフトですが、今期はついに2作品投入です。

しかし、あれだけのキャラをたった10分で画ききるという構成も素晴らしい。毎回思いますがホントに職人技ですね。あえて、絶望先生が絶望しないというのも作為的で素晴らしい。そして、ラストまで引っ張って絶望する辺りが更に作為的で素晴らしい。しかもオチてない(笑)

すでに3回目ですから、勝手は完全に判っているという感じで、鉄板な堅さです。にも関わらず、それに腰を落ち着かせてしまわないで、新しいことにチャレンジしようという姿勢が素晴らしいです。新房作品にハズレ無し。それは2本立ての今期も順調に守られそうです。