FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
やっと、やっとネタ出しがされました。長かった。完全にタイミングを逸したという感じがしないでもないし、既に話は滅茶苦茶になっているので、ネタ出しが来ても話が理解できないという状態になっています。

アトラスというのが一体何なのか未だに理解不能です。建物の中であれだけの兵器をドンパチやって一体どういうつもりなのか。相手の戦力も理解せずに正面から突っ込んでいくというのはどんな特攻なのか。その程度のゲリラを相手に即殲滅出来ない軍というのは一体どれほど情けないのか。などなどなど挙げだしたらきりがない位です。

唯一國子と軍人さんの会話だけは興味深かったかな。所詮アトラスの人というのはなかなか鋭い言葉で、軍人なんてやっている段階で権力者の犬になることをなんとも思わない人種であるということは判っているのですが、いよいよとなってもまだ状況を理解できない馬鹿さ加減がとってもらしくて良かったです。

既にお馬鹿とお馬鹿のとっくみあいという状況になって来つつあります。ロリっ娘二人の出方が唯一のジョーカーなんですが、それを最大限に使えたとしても状況を変えることが出来るかどうか怪しいような状態になってきました。
スポンサーサイト
存在が消えるというのは流石に無理があるだろ。当人の存在感が薄いというのは判るけれど、それで捨て牌まで消えると言うのは麻雀というゲームの性質上あり得ない。こういうトンデモなネタを持ってこられるから一気に醒めてしまうンですよねぇ。

のどっちはその後完全に沈黙だし、龍門淵は起死回生の親倍を除けば口だけ番長状態だし、あちらを立てればこちらが立たずになるのは道理で、それが超人麻雀の弱いところです。既に破綻していることは確定なので、素直に龍門淵との対決モードに持っていけばまだ素直に楽しめるものを、変に話を弄ろうとするから益々訳が判らなくなる。

完全に悪循環になっています。まだ大将戦が残ってますからね、これ以上どんな裏技が出てくるのかちょっと恐ろしいです。