FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
まぁ確かに軍資金は必要だよね。それを入手できるのであれば墓荒らしもやむを得ずという感じでしょうか。どの位の資金が手に入ったのか判りませんが、それでもまだまだ戦力差は大きい。どうするのかと思ったら敵の弱体化という手段を取ってきました。それは多識に有効です。

結局一番恐ろしいのは、優秀な敵よりも馬鹿な味方ということになるんでしょうか。馬鹿が頭になれば相当な戦力差があったとしても埋められるでしょう。馬鹿とはそれ程までに毒性が高いということでしょう。本来であれば切り捨てるのが最も望ましい対象なんですが、なぜだか判りませんがそういう奴が権力を持っているという設定が多いのでこういうことになります。

大抵は世襲というこの世で最も最悪な文化によってもたらされる結果です。それによって国の一つや二つ滅びてもまったく珍しいことでは無いでしょう。
スポンサーサイト