FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
再会というサブタイの割には再会はしていないような気がしますが、それは良いとしましょう。一流の殺し屋同士感じ合うものがあるのかもしれません。それはそれとして、アインの目的がもう一つはっきりしません。あの状態で任務完了と言うからには、スナイプで殺すことを目的としていた訳では無いんでしょう。

恐らく射撃があったという事実こそが重要で、インフェルノの信頼を落とすということを目的としているんでしょうか。サイスはインフェルノに復習するつもりなのかもしれません。ポイントは自らの存在を相手に悟られないことが重要となるでしょう。もし感付かれたら組織力の差で負けてしまう可能性が高くなります。

幾らアインが優秀だとしても、たった一人で巨大組織に対抗するというのは厳しいことになるでしょう。目的を達成させるためにはリスクは避けるのが賢明です。けれどそうなるとアインとツヴァイの関係という面では障害となるので話の展開としては面倒になる。その相反する問題点をどう片付けていくのかと言うのがとりあえず見所になりそうです。
スポンサーサイト



今のところミステリーとしては悪くない出来になっています。まぁミステリーというのは事件を起こすまでは多くの場合悪くない出来であったりします。問題は原則無理なそれらの状況をどう整合性させるかという部分にかかっています。それは勿論話そのもののネタにも大きく関わります。ひぐらしはその部分で根本的に破綻していた訳ですが、今回はせめて肝心な部分は破綻しないことを祈りたいです。

最低でも後何回かは事件が続くということになるんでしょう。場合によっては謎が解ける直前まで事件が進行するという構成になっているのかもしれません。ただ、ひぐらしの時にやけに鼻についたあの無意味に恐怖感を煽る品のない手法が今のところ無いというのは救いです。

恐怖を過度に煽ろうとしなければ一応最後まで見ることに耐えられるかもしれません。
今時の中学生としては結構リアルなんだろうなと感じさせるものがありました。客観的に見ればしょうもなくクダラナイことで悩んでいるというのが良く判るんですが、結局なんで彼女がこんな風に悩むのかというと、意味も無く恵まれているからなんでしょうね。

現在の状態が無条件に与えられている。だから常に面白く無い、やりたいこともない、夢も希望も無いってことになるんでしょう。不当に恵まれない状態を強いられるというのも人間を荒ませますが、不当に恵まれた状態を与えるのも同様な効果をもたらすということでしょう。本来であれば行使する権利に応じた責任を課せられるのが当然なんですが、それを免除され、子供達はさらに様々な特権まで与えられている世間知らずですから、増長するのも無理からぬことでしょう。

こんな世界は壊れてしまえというのは、地震のような物理的な意味では無くて、近代民主制や資本主義と言った社会システムの方でしょうね。詰まるところ彼女は犠牲者だと言えばそうとも言えないこともない。つまり、過保護な飼育方法でわがままに育ってしまった犬猫と同じ程度には同情の余地があります。

まぁ流れとしては、震災という最悪の事態にあって自らの力の無力さとかを噛みしめつつ普通の生活というのが実は恵まれていたということに気付いて的な展開になるんでしょう。流れとしてはありきたりという気がしますが、それをどう描いていくかの方がポイントになりそうです。
ペアは1組かと思ったらそういう訳ではなかったらしい。この調子で行くと結構な数が出来上がりそうな気がするし、そうなると幸せ状態ばかりになるとは限らず結構シビアな展開が待っているのかもしれません。

大人し目の女の子の心情表現を軸にしていますから仕方ない部分が有るんですが、ちょっと怠いという印象を受けます。後ろ向きな感じはこれから変わっていくんだと思いますが、その展開がスタートするまではこのウジウジ感に堪えなければならないという事なんでしょう。

レズものなんで可愛らしさよりも格好良さを強調されている分が大きくて、少なくとも個人的な趣向から見た時に可愛いなと思える女の子が今のところ皆無な状態。キャラの描き方自体はそれなりに出来ていると思うのに、それが魅力に繋がらないというのは単純に好みが合わないと言う事なのかもしれません。
ココロ、KazuSさんの影響で、最近断言を作るのが好きになりました。
何回やってもあきません。
…ヘンですか?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑