FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
今回も派手なアクションが続きます。アクションシーンの見せ方はなかなか巧くて速いテンポで進むだけに引き込まれます。女性陣もなかなかに個性的で愛らしく、ここまでで掴みとしては上出来といえるんじゃないでしょうか。

しかし、それだけで乗り切ることは無理だろうし、そもそも諸々の秘密が隠されているという伏線も張っているので、前回も書きましたが、話を整理してきちんとした物語に仕上げられるかというのがやはりポイントになりそうな気がします。

カナンだけでなく周囲のキャラも相当変わり者が多いので、相対的に沈んでしまうと言う事にならなければいいんですが、ちょっと心配です。常識的な視点も置かれていますので、あまりトンデモな設定を出すと話が浮いてしまいます。そのバランスも大切でしょう。そう考えるとなかなか難しいところが多いんですが、巧く纏めてくれればいいなと思います。
スポンサーサイト



オカルトだよ、あーオカルトだとも。つまりインチキでありあり得ないってこと。存在が薄いというのはいかなる時も知覚できないということとは全く異なります。実力が確かならオカルト使わないで素直にやればいいものを、超能力にこだわるからこういう展開になるんでしょう。残念です。

そして、結局龍門淵は口だけ番長確定しました。そして、超超能力バトルの様相を呈してきました。既に麻雀をする気はまるっきり無いようですが、度を超えると人外ってことになってしまいかねません。節度を持ってやって欲しいものですが、それは無理ってことかもしれません。けど、いきなりラッキー超能力爆発ですからねぇ、駄目かもしれません。

風越のけも耳もかなり引っ張ってきていますから、それに応じて進めてしまうと悲惨な結果になるかもしれません。もうどうにでもしてくださいと諦めるしかないんでしょうか。けも耳娘が理解できないのは当然ですね。ここまでは人外の超能力戦になってますから。ほぼ終わってます。