FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
暴走しています。基本的な路線はラブコメなんでしょうけど、天文部というのは他に見た事がないので、斬新です。最終的に天文部に入ってまでという人は少ないかもしれませんが、星空を見上げて思いをはせるということは誰でも一度や二度はあるんじゃないでしょうか。

それだけに彼等の思いに共感する事はマイナーな割には容易で、しかもマイナーであるが故の諸々の問題を逆手にとって話を進めていくという手法はなかなか見事です。ちょっと天体の知識を散りばめてみたりしてなかなか効果的に使っています。

天文部というのはスポーツとかと違って完全に受け身なもので、学生の部活程度では本当に星を眺める位しかやる事無いんじゃないかという気がします。それだけに変な意味でのギスギス感が無くて、のんびりした感じを楽しむ事が出来そうです。

女性陣も揃ってきた事だし、現状をベースにしてどんな話が展開されるのか楽しみになってきました。
スポンサーサイト



とても良いバランスで作られているなという気がします。作品の雰囲気としてホエホエ系なので話の盛り上がりを作るのは難しいと思うんですが、イメージを壊さない程度の盛り上げを作り、そして着実に話が進んでいるという印象を与えています。

前回も今回も非レギュラーキャラを巧く使って話を回しています。あくまでも主軸は二人の巫女とウリンであるという形式を維持していますから、こちらも出過ぎると言うことなくそれでいてアクセントとして機能する程度の存在感を見せています。

なんでもそうなんですけど、雰囲気を維持し続けるというのはかなり難しい事で、それをするには何が良くて何が駄目なのかという一線を明確に把握した上で作品を構成する必要があります。それがきっちり出来ないとぶち壊しだったりチグハグだったりという事になります。特にこういう大人し目の作品だとさじ加減が非常に微妙になるとおもうので、この出来は見事だと言えると思います。