FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
うーん、幾ら見ても話がさっぱり判らない。これはもう最後まで判らないままという事になるんじゃないかという気がしてきました。キャラのポジションはどんどんと変わっていっているんですが、何よりも現時点で最も自由なポジションである凉子が意味不明の言動を繰り返しているので、話が一向に纏まりません。

國子は國子で色々やってくれてはいるんですが、全体像が見えてこないのでその行動にどの程度乃依未亜があるのかが判らない。それは小夜子や香凜も同様です。キャラがその調子なのですから、当然話が見えてくるはず無いですね。

特に香凜そして国仁の存在意義が未だに定位していないというのも致命的。かなりの序盤から意味ありげに出てきているにも関わらず、終盤まで話に関われないというのは構成に問題があるという事でしょう。まぁそれを言うなら國子ですら話に関わっているのかというと微妙という感じがしないでもないんですが。

ちょっと拡散させすぎたなという気がします。無理矢理話をややこしくしようとしたのも失敗でしょう。もう少し素直に作ればもう少し面白くなったかもしれないのに残念です。
スポンサーサイト



もう、オープニングだけで結構楽しませて貰いましたって感じがしました。相変わらず3部構成で、テンポは適切。絶望しない回も織り交ぜたり、みんなで絶望したりとなかなかにバリエーションを付けてくれています。

原作は時事ネタ傾向が強いんですが、アニメでは一応そちらはやや控えめ傾向か。毒が弱い気がするのでネタとしては飽きが来る可能性があります。キャラを前面に出しつつ色々やってくれているので、普通に比べれば魅せる部分も多いとは思いますが、それでもやはり緩急が無いとそろそろという気がしないでもないです。3期ですしね。

絶望先生というのは、作ろうと思えば幾らでも作れる反面作り続ける意味付けを付けるのも難しいという、言ってみればアニメ化にはあまり向いていない作品。これまでは新房のパワーで魅せてきましたが、そろそろ何か変化が欲しいという時期に来ているのかもしれません。