FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
エスパー相手に格付けもくそもあるかよってのが正直なところ。ノーマルな人間が超超人と麻雀を打っているところを見て何が楽しいのか意味不明。個人的にはムカつくという方が大きい。しかもエスパーが二人も居るんだから始末が悪い。完全積み込みでもここまで巧くいかねーっつの。

毎回毎回のことだけど、本当に品の無い展開するわな。萌キャラ使えばなんでもアリだと考えてるんじゃないかってのが見えて気分が悪い。

で、咲はとうなるのかというと、結局開き直れば超超能力爆発して勝つって展開のようです。クダラナイ上にショウモナイって感じですね。まぁそれも今更ですが。
スポンサーサイト



新房監督がOpやEdで遊ぶのは今に始まった事ではないですが、今回はインパクトがありました。少なくともこれまでの作品のカラーとは全く異なっているものだし、新房監督的な意味でもちょっと毛色が変わっているように感じられました。いや、それだとしても十分なクオリティを維持しているところは流石ですが。

話の方は良く見えない状態が引き続き進行中で、化け物と呼ばれるようなものが引き起こす様々な事件を軸にして人間関係が構成されていくんですが、キャラの方があまりにもアクが強すぎて見ようによっては既に常人の域からはみ出てしまっているので、それを以てなんなのかというのが掴みづらい。

まぁそれはそれで楽しければありとも言えるんですが、なんとも微妙な状況が続いていて、台詞回しと画面切り替えの妙は楽しめるものの、それが面白いのかというとなんともはやという感じがします。目新しさはあるので今回のマイマイまではなんとかなると思います。次は次で何か別の手段が用意されているという可能性も十分にあります。

判っている事をやってしまう程間抜けでは無いと思うので、何かしらの変化があるということを期待したいです。もう少しキャラが見えてくれば印象も変わってくるんじゃないかという気もします。
生まれた時から長いこと飼ってきた犬や猫ですら、時に咬まれたり引っ掻かれたりします。獣というのは時にそういう行動を取る生き物だし、獣と付き合うのであればそれは織り込んだ上で付き合わなければならない。ましてや大型肉食獣の場合、王獣なんて一咬みで人間の半身を軽々と持っていくような獣ですから、エリンのような付き合い方をするのであれば当然死ぬことも覚悟する必要があるでしょう。

獣と恐怖という関係で付き合うのと、愛情を持って付き合う。それはどちらが正しいというものではないでしょう。特にこの世界では獣を武器として使っている世界。その世界観に於いては恐怖によって従わせるという方が効率的であることは確かでしょう。ただし、それが全てであるというのは行き過ぎで、その二つは両立するものでしょう。

さて、更に年数が進むようです。まぁ学生の娘というのでは話の展開がし辛いでしょう。彼女が大人になった時。そしてその時の社会と大人になったリランが揃って来れば話が面白くなるでしょう。
時系列に並んでいないので仕方ないんですが、流石に突拍子もないというかキャラのポジションが確率できない状態です。時系列を崩すというのは、かなり難しい手法でよほど巧くやらないとなんですが、それをやるにしてはキャラが弱いです。ハルヒとか桃華月憚並に濃くないと時系列を弄るのはデメリットしか生まれないでしょう。

かなり良い感じなんだけど、肝心な時には抜けてるというところまでテッサに似てます。ロリ系じゃないのが残念です。巨乳ですしね(笑) それにしてもタライしか償還できない状態でよくもまぁデーモンと戦おうという気になるモノです。

パンツ一枚にそこまでこだわらなくても、銀座ならどこかで買えば良いんじゃないだろうかというのは言っては駄目なんでしょうか? それが原因で失敗しているのだから、まずそちらを何とかすればって感じがしますが。で、そもそもデーモンの目的がなんなのか不明。パンツをゲットして逃げるのかと思えばおちょくるように所々に現れてますから、何か目的があるように思ったのですが良く判らない内に終わってしまいました。単なるギャグにしかなっていませんね。

まぁ初期設定の状態ですから、あまり突っ込むのは無しにしますか。
確かに決定的な真相であることは事実。けれど、それまでの実績というかそれ以外の部分で信頼が形成されるというのが果たしてなかったんだろうか。その部分の疑問がどうしても生まれます。時間的なスパンを長く取りすぎたというのが問題点でしょう。

クロウディアのやり方は海千であることは確かですが、部下に対する接し方はサイスとは違っていました。ツヴァイが感情らしきものを持っているが故に違和感を強く感じてしまいます。このままでは結局は人間は洗脳に適わないという結論に至ってしまいます。

まだ続きがありますから、これで終わるということは無いんでしょうし、これだけやった以上サイスも報いを受けるというのが流れなのかもしれませんが、現状の段階ではディテールがもう一つという気がします。キャラ性を排除するというのがコンセプトなので仕方ない部分があるんですが、どうしてもキャラ描写が弱くなってしまっています。正確にはキャラの行動原理の正当性がもう一つになってしまっているように思えます。

さて、逃げ延びるまでは良いとしてもそこからどうやって反抗に出てくるのか、サイスのような人脈がある訳でも無しかなり難しい状態です。ここまで引っ張ったからにはキャルが鍵になってくるんだろうと思います。そうは言っても現時点ではまだ子供ですから、また数年後とかそういう流れでしょうかね。まぁそれもありかもしれません。3回くらいなら大目に見られるかな。

個人的にはクロウディアがどう出てくるのかかな。彼女もこれで終わりになるとは思えませんので。