FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
さぁどんなネタが用意されているだろう。まさか母親が人質とかそういう陳腐な……展開だったよ。ひでぇ。世界が滅ぶか否かって時に身内がどうとか関係ねーだろ。状況を理解していないにも程があります。しかもあっさりと掌返してるし、一体なんなんだよって感じ。

で、小夜子も生きてるんじゃ、きっとモモコさん辺りが助けて…でもまさかそんなありきたりな……展開だったよ。をいをい。で助かったかと思ったらすぐに落ちちゃったよ。どうなっているんだよ。きっとまだ生きてるんじゃねーのって感じはしますけどどーだろ。

で、グレイなのかと思ったら今度はエヴァかよ。目新しさがねーなホントに。しかもとってつけたようで設定も突飛だ。考えようによってはエヴァ以下かもしれない。あれ以下の作品なんてそう簡単には作れないだろうと思っていたけど、作ってしまいましたよ。悪い意味で希有な存在かもしれないね。

無理に謎を引っ張って、挙げ句無理無理な設定が目白押しで、しかもその謎が陳腐って救いようが無いじゃない。しかも、これで國子が世界を救うって展開になるんだとしたら話としても終わっちゃうよ。せめて少しくらい、いや一つくらい評価できるところが欲しいんですが、回を重ねていくごとに悪くなって行ってるね。
スポンサーサイト



もう超能力を前提にした空中戦が炸裂しまくってます。少なくとも麻雀をやっているわけじゃないことだけは間違い無いということは再確認できました。じゃあ異次元バトルとして見て楽しいのかというと、そうでもないというのが致命的です。せめて、青臭い青春根性モノ的な展開を無くして単純な超能力バトルものにしてくれて、おまけでヲタ的なノリの遊びが入るようにでもしてくれた方が遙かにマシですね。

つまり、NEEDLESSの方が潔くて全然楽しめるってことです。超人的な能力を持つ超能力少女同士が集まって似非青春モノ作ってみても始まらないって感じがします。競技系の作品なんである種の天才という存在は避けられないかもしれませんが、才能と超能力を同じレベルで使うのはインチキと言うしかないでしょうね。
ベタベタなネタバレ展開を引っ張って遊ぶという路線を守りつつ、最終的にカナちゃんの主観の問題に置き換えるという展開はなかなかに見事ですた。とってもかなめもらしい回に仕上がっていたと思います。この微妙なポジションの位置感こそが味なので、それを維持するというのは非常に重要です。

そのテンションを維持しつつ話を作るというのは結構難しいんじゃないのかなぁと思います。そういう意味でここまで良く作っていると思います。日常話がメインなので、明確なオチが必要ないという設定上のメリットを最大限有効に活用しているという印象があります。

原則的にまじめな話なので、展開が素直です。とても安定していて安心して見ていられる印象です。最初から大物手を狙わずに手堅く作っている感じがします。
2話目が好み。人の迷惑をなんだかんだ言う奴こそが実は迷惑。とか、迷惑をかけない奴は存在しないのだから結局お前も同類だという論理は、まさしくその通りで、なんだかんだと規制を設けたがる愚か者だというまさしく裏の真理を突いています。絶望先生で書くとギャグでしかありませんが、実際そんな程度のギャグを真顔で、かつ真剣に主張する愚か者が信じられない程の数で存在しています。そう考えると本気で絶望したくなります。

基本的にブラックジョークで構成されている場合、そんな風に実は鋭い突っ込みという部分が時には見えてこないと面白くありません。そういう意味で今回は本当にニヤリと笑わせてもらったという感じがしました。迷惑か否かという基準はスタンダードにはなり得ないという程度の当たり前のことすら判らない馬鹿なんて糸色望以下ってことですね。

卵が先か鶏が先かのネタはかなり言葉遊び的な要素が強いというか、無理が見えていただけにそのギャップが良くでていました。それにしても構成を考える時に、どうやって三つのネタを選択しているんだろうか? その辺の構成力でその回が面白くなるかどうかかなり大きな影響を与えるような気がします。一度聞いてみたいですね。