FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
かったるくって後半寝てしまいました。序盤から中盤にあった面白さが完全にスポイルされてしまったと言う印象があります。だって、神様登場させて超自然な世界で戦うということを強要してしまった時点で、宝探し的要素が強くなってしまって、物語のダイナミックさが完全に失われてしまいました。

ヴァルキュリアほどでは無いですけど、結局どんどんと強い敵を用意していって強さがインフレ化してそれに対応しようとすることで無理な設定を次々と追加した挙げ句話が崩壊するという。プロセスとしてはほとんど同じ内容になっています。

ファンタジーの要素が始めから入っているので違和感としてはそれ程はありませんが、それでも真面目に積み上げてきたものをちゃぶ台替えししてしまったという印象はやはり拭えません。まぁ神様の不完全さは笑えるレベルでしたし、その無能っぷりたるや傑作ではありました。そういうアイロニーがまだ生きているだけなんとかなっているのかもしれません。

何れにしてももう残り話数もそれ程無い事だし、そろそろ思い切った展開になってくれる事でしょう。ラストはすっきりとさせて欲しいものです。
スポンサーサイト



ここへ来てようやく美星の内面に突っ込む話が来ました。彼女がこの作品の気も人合っているんだと思うんですが、キーにはなっていたものの彼女自身については結構ないがしろになれてきていました。はっきり言って意味不明の天然ちゃんにしか見えませんでしたもの。

美星が美星である理由というのを明確にしないと彼女のキャラってのは成立しない訳で、キャラが成立しないと、幾らは無しを牽引していたとしても、しっくり来ない。本来であれば、中盤辺りにはある程度こういう話を作ってやった方が良かったんですが、そこまでネタを作っては居ないんでラスト近辺に集中という形式になっちゃったんだろうなというのが透けて見えてしまいます。

ほとんどのキャラが常識的な範疇で動いている中で、一人だけ突飛とも思える言動を起こす存在だっただけにそのキャラクターが成立していないというのは致命的でした。逆に言えば美星をもう少し上手く処理できていればグッと面白くなったかもしれないと思えるだけにちょっと残念ではあります。