FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
良い感じになってきました。どこぞのCMじゃないですが、ホロの出番が圧倒的に少ないというのが問題ですが描写については高い水準を維持してくれています。商売の話が佳境に入ってくると断然面白味が増します。その辺はさすがです。

基本的に大きな商売をしようとして危険な状況に陥るという流れは変わっていませんが、より積極的なやり方でリスクに挑戦するようになっています。その変化が自然に感じられるような展開になっていて、段階を踏んでいるということが感じられます。

この商談にしても当然すんなりと行くとは思えないんですが、それなりに整合性の取れたオチが待っているということが予想されるだけにこれからの展開が楽しみでなりません。一期はロレンスとホロの関係構築というところに相当の時間を割いていましたからそれ以外の部分の描写がどうしても甘くなっている部分があったのですが、今期はそれを取り返すかのように、世界の描写に力を入れています。特に今回のエピソードは世界観を掴んでいないと理解できない内容になっていて、主要キャラ以外の周囲がどのように考えているのかを洞察する必要があります。

逆に言うと今度はホロとロレンスの関係という部分が薄くなっていて、そっちの魅力を期待していると物足りないという印象も受けます。それは二人の関係が成熟したという意味において成立できる範囲には収まってはいるのですが、それでもやっぱり寂しさを感じざるを得ません。

やはりバランスが難しいんだなということを感じます。どこに作品の焦点を持って行くかでどうしても描写が変わってしまいます。今期の物語としては正しい表現をしていると思うんですが、それだけ一期のホロは魅力的だったということなのかもしれません。

ただ、前期と比べると小話的な内容が抜けている分テンポが遅くなっているというのはあるのかもしれません。そういう話が原作に少ないのかもしれません。構成がそれだけ難しい作品なのかもしれません。けど、それに負けず上手く納めて欲しいです。
スポンサーサイト



頑張っているのは判るんですけど、やっぱりかったるい。ハヤテならもう少し上手く構成をしてこういう怠い展開にさせないようにすることも十分可能だったんじゃないかという気がします。特に前半が比較的上手く出来ていただけに、中盤以降ダレてしまったのが残念でなりません。

区切りとしては観覧車は悪くないけれど、ナギ達の分がまとまらないということで、咲夜の誕生日を被せる。それは良いと思います。テンポが遅くなってしまったのが敗因だと思います。良い感じに終わったと思うんですがここから後一話何を持ってくるのか見物ではあります。

それでもシリーズを通してみてみれば一期に比べればかなり良くなりました。もう少し頑張りましょうという気はしますがまぁまぁというところでしょうか。
まぁ合宿と言ってもそんなもんだろうなというのは見えていたし、その通りに作ってきたのはなかなか度胸があります。少なくともここまでを見る限りでは彼女達らしさが出ていたし、雰囲気も壊れては居ません。けれど、それだけにラストを作りづらい。

これで男達に勝てるという展開になったのでは、あまりにインチキだし。なんらかのトリックが仕込まれたとしたらそれは彼女達の本意では無いはず。ではどうやって決着させるのか。その部分にとりあえず興味津々です。

現時点までは割と良くできていると思うので、ラストをきちんと締められれば佳作になるでしょう。ここからが正念場だと思います。
なんてかったるい展開なんだろうって思いながら見てたら、終わりかいっ! って思わず突っ込んでしまいました。結局真性レズビアンがターゲットをロックしましたって話ですか… まりあ†ほりっくでも見ていた方が百億倍は楽しめます。当然マリみての足下の下の泥にも及びません。いっそのことStrawberry Panic!の方がマシかもしれない。

まぁあくまでも男の目で見た時の話なので女性達の目にはそうは映らないのかもしれません。そもそもノンケの男にはゲイ属性は全くと言って良い程存在しないので、こういう話自体が成立しませんが。

エグさが好きな人には良かったんだろうなぁ。好きでない人には吐き気ものでしたが。残念ながらnoise史上最悪の作品になってしまいました。
うーん、頑張ったんじゃないかな。話が拡散しているようなそもそも展開してなかったような気がするし、進展していたようなしていなかったような微妙な感じで進行していましたが、最後まで微妙なカラーを維持しつつまとめたという意味で立派です。

キャラもそれなりに有効に使っていたし、遊びは多かったけれど意外に贅肉は少なかったんじゃないかという気がします。無駄な部分が少ないというのはそれだけでも見ていて締まるもので、それが一番効いていたという気がします。堅い作りだったということでしょうか。最初から思い切った設定にしてはいましたが、突飛な部分は少なかったので、落ち着いていました。

せめてこれ位の最低限の部分は全部の作品が押さえて欲しいものなんですが、それさえ出来ないというものが氾濫しているという現実がとても悲しいです。
これを感動の奇跡と呼ぶのか、キ印の世迷いごとと呼ぶのかは見るもの次第かもしれないけど、個人的には後者にしか見えません。現実なら奇跡を信じたくなるかもしれませんが、物語でしかもアニメですからもう少し上手くやってくれないと豹変が目立ってしまって異常者にしか見えません。

こういう非常事態だと、家族の大切さが身にしみるというのは判らないでもないんですが、そこをベタにクローズアップされるとかなり引きます。しかもだから何という結論がこれだ出せるのかどうかかなり疑問が残る感じがします。極限状態は人の本心を引き出すということも言えなくもないですが、ちょっと展開が安易すぎるだろうと思います。

やはりノイタミナは当たることは無いというのが今回もまた継承されてしまいました。東のエデンをもってしても駄目だった訳ですから、期待する方が間違っているということなんでしょうが。