FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
いきなり大爆笑な超能力バトルです。これで魔女が居るとか居ないとか話をされていてもちゃんちゃら可笑しいです。で、予定によるとこのしょうもない話を24話も続けるようです。時間と労力と電波と電気その他諸々の資源の無駄遣いです。こんな下劣なものが商業製品として成立するという状況に絶望しそうです。

24話で終わってくれればまだマシで、下手するとそこから解だのとか意味なしの二乗になるようなものを作り出すかもしれません。その後の展開も含めて魔法もクソも無い状態。これを単なる演出だと認めることは当然不可能です。ゲームとしての前提条件が既に間違っています。その状態で何をしたところで無意味です。まぁなく頃にシリーズに意味があったことなどこれまで一回もありませんが。

どうしようか、遅すぎましたが見切りを付けるべきかもしれません。まさしく時間の無駄ということが確実視できそうです。酷いということは想定できていましたが、どの程度酷いのか見てみようと思って見ていましたが、予想を裏切らない程に酷い出来です。
スポンサーサイト



これまであまりにも淡々としていて、いつか何かが起こるんだろうとは思っていたんですが、ついに起きました。その点では予想通りに展開してくれて安心したのですが、今度はホロとロレンスの会話の部分がかなり判り辛い。情報量が不足しているんじゃないかなという気がします。

これは前期にもあったことで、アニメだけを見ているとどうしても理解できないような点も原作を読むとなるほどなと納得できる。これはアニメ作品としては当然マイナス要因で、最低限の部分はアニメだけでも伝わるような作り方がされるなければならないでしょう。今回も恐らくそういう内容なんじゃないかという気がしていて、原作を読めばちゃんと理解できるんじゃないかとも思うんですが、関係性がより複雑になってきているでしょうから益々表現が難しくなってきているんでしょう。

とは言え、それを言い訳にして諦めないで欲しいです。キャラは大分成熟してきているし、話自体は面白いと思うので表現をもう少し工夫すればもう一段階面白くすることができると思うんですけどね。
ラストはナギで纏めてきましたか。まぁ一応作品的にはメインヒロインのはずだし、ハヤテは執事な訳ですからね。ここへ来て初心に戻ったと言う事のようです。あまりにも遅すぎてややこの話だけ浮いていたと言う感はありますが、まぁハヤテのごとく自体を理解しているならスタンダードな話でしたということで納得できるでしょう。

少なくとも一期に比べれば圧倒的に纏まっていたと思われるシリーズでした。原作の方もまだまだ絶賛連載中のようでありますし、三期を作る事は十分可能でしょう。このレベルで作ってくれるなら見続けるのもやぶさかでない透感じがします。

もう少し話が偏らないようにしてくれた方が見易いとは思いますが。
今回もまた旨さが炸裂しています。まだ序章という感じで話としてはまだ始まっていないという印象が強いですが、そもそもが話で見せる作品では無いので、物語の状態はほとんど魅力に影響ありません。逆に言うとそれこそが凄いことだなぁと関心する点で、シーンの作り方の見事さが素晴らしいです。

キャラが成熟しているのも大きな魅力で、これまで出てきたキャラがとても効いています。今回は羽川ですからこれまでずーっと出てきていたキャラですから既にかなり成立しています。それだけにそこにどうやって話を作っていくのかとても楽しみです。

既にアートの域に達しているような次元の作品ですから、ここへ来て何を心配する必要もなくただただその結果を受け入れれば何の問題も無いだろうと確信できます。物語性に依存していないのでラストを待たなくても結果が確実視できる。そういう作品ってのは実際のところ物凄く少ないです。希少価値が非常に高いです。