FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
こういうシーンの描き方は手慣れてきたものになってきました。生物とは何かを語るならまずそれを理解しなければならない。それをこれだけの時間を使って表現してきていることは偉大なことなんじゃないかという気がします。しかしながら、エリンのやっていることは政治的あるいは社会的なタブーであるということになっていますから、当然命は云々だけで終わる訳では無いでしょう。

その辺りのバランスの取り方が難しいですが、ここまではあくまでも生き物への愛を基本路線として構成されています。どこかの段階で逆転してくるのかもしれないですが、今のところはその雰囲気を楽しむこととしましょう。非常に幸福感に溢れる展開です。

とはいうもののきな臭い雰囲気は漂っています。どのタイミングでどんな展開になるのか。他にはなかなか無い長期間のシリーズですからじっくりと見てみたいと思います。
スポンサーサイト



2部は結構本編に入るだけあって、ちょっと雰囲気が変わったかなという気がします。とは言え原則的には大きく変わって居る訳では無くて、最初から乳丸出しだったりしましたが、まぁ雰囲気はちょっと変わったかなという感じはしました。

最初からキャラが揃っているので、紹介を余計にスル必要がないだけ構成は楽になるかも知れません。あれだけキャラが多いとそれぞれの回を作るだけで結構な話数が必要になってしまいますからね。それが避けられるだけでも大きいです。けど、その分戦闘の数は増やさざるを得ないと思いますが、一向にバトルが始まらないという前作よりはその方が良いのかもしれません。

恐らくそれなりに新キャラも出てくるんでしょうし、とりあえずエロ担当作品としては楽しみに出来るかもしれません。
最大級好意的に解釈するとして、これはまだ話として始まっていないんじゃないでしょうか。意味ありげな設定が様々されましたが、そのほとんどが有効に使われていません。例えばカナン達の能力にしても単なる彼女達のパーソナリティとしてしか使われていません。能登についてはやや突っ込まれましたが、それ以外についてはほとんど利用されませんでした。カナンの能力が一時的に使えなくなったのも謎のままです。

マリアは渋谷の事件の生き残りという設定で、非常に重要な役割を担うはずだと思うんですが、結局カナンのお気に入りというだけの存在に落ちぶれてしまっていました。さらに夏目さんも何らか裏の目的があるという表現があったものの、それについても明かされずじまい。

アルファルドは生き残り、次の彼女の目的は不明。ってことで事件は何も片付いていない。能登の問題とチーちゃんの問題だけに落ち着いてしまっているように感じました。ネタとしてのは面白そうだと思うんですが、どうにも消化不足という気がします。意図的にやっているのかそうなってしまったのかは判りませんが、非常に残念だなという気がします。

まぁ最初から最後までアクションだけは格好良かったとは思いますよ。