FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
やや暴走気味でしたが、それでも美術ネタを巧く被せたなという気がします。本来なら闇鍋とどうやって美術が絡むのかという感じがしますが、その辺のネタの調整はなかなか見事です。これは原作の力かもしれません。

全体としては可もなく不可もなくと言うところで、努力賞という感じはします。もう少し何かしら惹き付けるものが見えてくると良かったんですが、そこまで食いつける餌が無かったなという気がします。

強烈な個性がありそうに見えてキャラが弱いというのが欠点で学校ものの宿命か数を増やさないといけないのが足枷になったのかもしれません。それでも大分抑えてはいたと思うんですけどね。

同じようなパターンの話が続いてしまったというのも閉塞感を感じる理由。キャラを絞って芸術にネタを絡ませるという苦しい展開を強いる状況でしたから厳しかったんでしょうが、やっぱりもう一つバリエーションが足りなかったという気がします。

とは言え、不可もないというのは優秀で、毒にしかならないような作品が横行する中で堅実に作ったなという気がします。美術学校が持つ独特の楽しさに対する表現についてはひだまりスケッチ以上に巧くいっていたかなと思います。
スポンサーサイト
内容は結構シュールでしたが、一応最終回らしい感じの話で纏めてきたような気がします。それにしても驚いたのはメルパパネタをテレビでやったと言う事でしょうか。あれは漫画だからこそ出来ることでアニメでは難しいだろうと感じていたんですが、なんだかんだいってやってしまいました。これまでメルパパの存在が薄かったので、アクセントとしては今ひとつな感じはありますが、ともかくその心意気は見上げたものです。

絶望先生は実験台というのがこれまでのシリーズの印象でしたが、やや落ち着いてしまった感じはするものの意欲は今回もあちこちに見られました。原作同様時事ネタなどを織り交ぜつつ幾らでもショートで話が作れるし、それぞれの関連性が非常に薄いのでアニメにしやすい原作なのかもしれませんが、それにしてもシャフトの演出あってこそというのは事実でしょう。

既に三期ですから、これはもう定期的に四期、五期と継続は有りなんじゃないでしょうか。何回やってもそれなり以上に楽しめる作品になっていますから、本気で立派なもんだと思います。