FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
エリンもカザルムで先生になって余生を送りました。という結論にならない限りこのまま平和に暮らしていけるはずはないのですが、なんとも微妙な展開になってきました。権力を維持するためには、権力自体を形式化してしてまうというのは効率的な方法です。短期的にはそれは有用な部分が多いのですが、長期的に考えれば、形式化はまず良い方向に事を進める事はありません。

現実と合わなくなったり、意図を越えて暴走したり、そういうことが起こることは目に見えています。それを踏まえてあえて形式を守るという選択肢が無いとはいいませんが、形式はほぼ間違いなくその意味を忘れさせてしまいます。

人間の判断する権利を剥奪する。それが形式化が持っている罪深い部分。それによってどのようなメリットが得られるのだとしても積極的な肯定をする気には到底なりません。古今東西に存在する規範、掟、法律というものは、常に疑って見られるべきだし、そうでなければならない。それを忘れたあるいは放棄した連中は既に人間と呼べるものではないでしょう。

真王は人間としてはとりあえず好感の持てる人物に描かれていますが、王として見れば必要な資質に欠けていると言わざるを得ないでしょう。自分のささやかな欲求が回りにはどう写るのか。絶対的な君主として存在するからにはそこはわきまえていなければなりません。勿論当人が望んで王になったのではないとしても、形式の上で自らの生計を形成している以上、その責任から逃れる事は出来ないでしょう。

そういういいお婆ちゃんである真王をどうしようというのか、これからの展開は話を大きく決める重要なものになりそうです。
スポンサーサイト
ずいぶん間が開きましたが、後半戦スタートです。重苦しい雰囲気はそのままのようです。まぁこっからいきなり雰囲気が変わったらそれはそれで異常ですが。で、オープニングは綺麗でしたが、描かれている意味が良く判りません。それに理奈ちゃんメインになっています。本当のヒロインは彼女なんでしょうか。由綺ちゃんのポジションというのは、前半からずっと曖昧な状態なんですが、定位できるのでしょうか。

前半が終わった時点の感想として、最大の問題点は冬弥というキャラに全く、完全に、全然魅力を感じないという点にあります。魅力がない男キャラがハーレム状態というのでは物語としても魅力を感じないし、だから、ヒロインの細やかな心情を表現したとしてもそれが生きてこない。雰囲気は出ているんだけど、心底気持ちを動かされないという状況でした。

で、後半はどうなるのかと言うと、なかなか思わせぶりな展開がいきなり出てきています。まぁ後半ってことであればそろそろきちんとした展開をしないとでしょうからね。なかなか鬱展開から抜け出せない。どころか最後まで鬱なのかもしれませんが。初っぱなから諸々伏線を張ってきていますから、波乱の展開が待っているんでしょう。さて、どうなるのか期待をさせる再会になっていたとは思います。