FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
前作のイメージは良くも悪くも継承。春香の可愛らしさは出てはいますが、やっぱりお嬢様にはどうしても見えません。その辺の表現に問題を強く感じますが、萌えアニメは設定に疑いを持ってはいけないというお約束があるので不問としておきましょう。

基本的にはラブラブモードの寸止めを楽しむというのがコンセプトで、それにプラスしてちょっとエッチとちょっと暴走気味のドタバタというカラーは上手く出せているでしょう。後はそれを好むか好まないかという事になると思います。

アニメ好きという事実をそこまで卑下することもないだろうという気がするのは前作から引き続きですが、まぁそれも当人の感覚なのでそういうものだと言われればそうかもしれません。前作と全く同じというのでは流石に芸が無いかなという気もしますので、そこに何をプラスできるかというのが今回の見所かなという気がします。
スポンサーサイト



当たりそうで当たらないマングローブの最新作。いい所までは行くんだけど、どうも纏まりが悪いというのが実情です。今回も出足は好調という印象です。鍛冶屋という裏方にフォーカスを当てたというのも面白いし、純粋なファンタジー色が強いので、面白い設定を追加することもできるでしょう。

その場合、ファンタジーの世界観を如何に違和感なく理解させるか、つまり世界観の表現が最も重要になりそうです。そのためには必要な設定は少しでも速くだしてしまって、謎を作らないことです。謎というのは定位した世界観があってはじめて成立するので、謎を作るために世界観を作るとほぼ確実に失敗するでしょう。

一話は出会い編とざっくりとした設定の提示という基本的かつ正しい構成になっていました。スタッフの経歴を見て愕然としていたのですが、経歴の割には非常に手堅い作りになっていました。ともかくも一話としては面白いと思える出来になっています。セシリーも魅力的に描けています。キャラはこれからも増えていくんでしょうし、それぞれを深めていければなかなかなところになるかもしれません。

是非期待させていただきましょう。