FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
テコ入れキャラ追加です。そして更に能登のような声の可愛い窒息が登場。なかなか豪勢な声優陣です。で、即座に「っていうかぁ」四文字炸裂です。こういうところに容赦無い辺りは大好きです。

それにしても今回は特に作画に気合いが入っていたように感じました。キャラ新登場の回だったからかもしれませんが、いきなり裸エプロンで始まって、メイドのようなもの沢山とサービスも満点です。サービスについてはこれまでも結構拘っていましたが今回は特にという感じがしました。

で、ここへ来てケンプファーの謎についに迫っていく様子があります。美少女系ドタバタで終わってしまうのかなとも思っていたんですが、一応展開していくようなので、どうなるのか楽しみです。ただ、今良い感じになっているところで他の要素を入れるとバランスが崩れる可能性があります。その辺り気をつけてもらえるといいんじゃないかなと思います。
スポンサーサイト



呪いのことは忘れ去られるのかと思いきやしっかりと戻ってきました。ただし、まだ話に噛み合っているという感じではありません。キャラは揃ったようなのでこれからいよいよ展開していくのかもしれません。

テンポの良さはなかなかで、この手のギャグ主体の作品では最も重要となるテンポ感が小気味良いので、見ていてとても楽しめます。今のところはそれぞれの話がほぼ完結形式で、繋がりの部分が無いために、ギャグ作品としてしか成立していない状態です。キャラの数を絞っていますからこれで物語をある程度作っていけば良い感じになると思うんですが、ちょっと勿体ないです。

キャラ達はそれぞれ個性的ではあるんですが、それでもまだ弱いというのが実情で、例えば瀬戸花と比較するとそれはよくわかるでしょう。片や人魚でヤの字の娘の天然さんで、片や天然さんでも普通の人ですから。

更に差が出ているのが男キャラで、満潮永澄はなかなかにインパクトのあるキャラでしたが、高坂潤平はそこまでのアクセントが無いというのが正直なところ。性格付けは似ているんですが、パワー感が圧倒的に違います。

この劣勢な状況をどうやって打開するのかこれからの展開に期待したいところです。