FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
理詰めで考えても新しい記事はかけないのです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト



FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
シリアス展開はあわないってことがよく判りました。なんせ、話として成立していないし、キャラ的にも厚みが無いのでどうしても突飛な印象を受けてしまいます。酷くこの話だけ浮いた印象です。

それなりにギャグが絡んでいたのでそこで一応見る事が出来ましたが、それでもこの比率だと相当厳しいものがあります。そもそも知弦さんは意味不明キャラという位置付けがずっとされてきて、それでいきなりシリアス過去話というのもどうなんだろうって気がするし、次回以降はきっとそんな話があった事も忘れ去られた展開が待っているんじゃないかという気がします。

結局キャラの単体話を意味ありげに並べ立てるという話でしかないんだなというのはちょっと残念です。キャラと舞台が狭いにも関わらずキャラが掘り下げられないとこうなるしか無いんだなって感じになってしまっています。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
微妙な薄さの話でしたが、これまで意味不明瞭な内容ばかりだった中で何となく話が進んだのは一応評価できるんじゃないでしょうか。流石にそういう話を持ってこないと何の収束も出来ないので一発かましたれ状態ってことなのかもしれません。

あの歌手もどきの三人娘も結局話はしんてんしているようなしていないようなという状態で、関羽達の話との絡みもほとんど無くどう処理するのか謎状態です。単にラストエピソードの伏線でしか無いのかもしれません。

まぁキャラが極薄なので、どういう使い方をされてもあるいは切り捨てられても特に違和感がないというのがミソで、弱点を逆手にとってやりたい放題やってるなという感じがします。それでもなんだかんだで憎めない作品であるというのが美少女三国志もののなせる技かもしれません。
怪しい状態のまま引っ張り続けます。あからさまに怪しい美少女とどこまでも天然純情な女の子の対峙。今風という意味ではふわふわ娘ですが、希少価値という意味では和人形の方でしょうか。嫉妬深いのと姑息という良く居そうなタイプの女性ではありますが、その分恋愛感情を抜きにすれば良い人とかってオチが待っているのかもしれません。って言うかこの作品に悪役は似合わないなという印象があります。

それにしてもこんな状態で話を小恋まで引っ張れるとはなかなかに感心します。まさか一回もめて一人ライバルを出すだけで1クールをクリアできるとは正直思いませんでした。特に間延びしたという感じもしませんから、見事な演出だと思います。