FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
未だに確変続行中です。ヘタレだからこそもてるって要素なのかもしれませんが、客観的に見るとヘタレに貢ぐ女達は魅力的には見えないので、ここのキャラも推して知るべしという状態担ってしまっています。ギャグタッチで描かれている分にはそれも気にならないのですが、真面目に描かれるとどうにも扱いに困ります。

とか言いつつも徐々に整理出来て言っている辺りは一応進展しているんだなという気がします。が、別れ際に一発が入る辺りは流石です。で、当然のことながら徐々に濃いところが残ってきますから切るのも大変になりそうです。

由綺エンドを選択する以上は無難な展開になりそうなんですが、これだけ身勝手やってきてハッピーに収まってしまうのは釈然としない感じがしますし、由綺が芸能人をやっている以上関係修復は難しいものがあるような気がします。じゃあ理奈エンドか? それが展開としては一番無難である意味では破滅的な予感も漂うので悪くないかもしれません。

2期に渡った長い話もいよいよクライマックスということで、納め方をどうするのか一応注目してみたいです。
スポンサーサイト
こういう女の子の描き方に関してはCLAMP絶品です。そして川澄の声もぴったりです。友情物語は失敗すると悪臭プンプンなんですが、旨い具合に処理しています。小鳩ちゃんというキャラが脱臭効果を持っているというのもあるでしょう。天然の娘がやるから許せる行為で、真っ当に理性的に生きている人間があれをやると流石に引く事になるでしょう。

様々な問題の多くは実は色々考えてしまう事に起因して起こる。それは真理で、だからこそ小鳩ちゃんのような存在が癒しになる。彼女はただ純粋に思った事、感じた事を言ってやってする。そこが重要な部分なんだと思います。現代社会に順応している我々にはそれは出来そうで出来ないことですから。

それだけに、現代劇であるにも関わらずこれはファンタジーとして成立しています。ぬいぐるみが喋るとかコンペイトウを集めているとかそんなことは些末な事で、小鳩ちゃんの存在が現実にはあり得ないということこそが最も重要なファンタジー要素何だと思います。

その武器を使って最大限有効に使って構成されていると思います。それが旨くいっている内は面白い話が出来るんじゃないでしょうか。
これで一応魔剣と神剣の最低限の定義、そしてリサの正体の一端が明らかになりました。ここまでの展開に関しては微妙な感じがしないでもありませんが、それでも一応この回に繋げるまでに必要な条件はクリアしたというところは評価しないとだと思います。それがないでいきなり本筋が動き出してなんじゃそりゃというものも少なくないだけにそんな作品として必要最低限のことでももの凄いことに思えてしまうという現実が悲しい限りです。

で、作品の中でも触れられていましたが、ブラックスミスが一人である必要性は全く無い訳で、特に鍛冶屋のような職人的な要素が強いものならば、ルークのような若僧に頼らなくともちゃんとした連中が居ても良さそうです。

にも関わらずルークでなければならない理由というのがそこには無いとなのですが、そこまでちゃんと考えられた構成になっているんでしょうか。リサの事だけやって終わりってことにならないことを祈りたいです。

そして、魔剣魔剣って簡単に言いますけど、幾ら恨みがあろうがなかろうがあんなものそんな簡単にできるものじゃないです。そして、何かしらの契約に縛られているというネタもセシリー達を見ると行われているようには見えないし、じゃあ何なのというのはしっかりと裏付けを取って欲しいです。

その辺は勿論話の主軸ではないんですが、前提条件になっている以上きちんと整合性は取って欲しい。そこから初めて主軸の内容が生きてくると思います。そうであることを期待して今後の展開を待つとしましょう。
ロリーなアラシさんったら可愛いかったです。彼女は女子校生で、でも何十年も生きているという複雑な設定で、それだけに年齢感というのが難しくなっているんですが、今回は正真正銘の中学生ですから、判りやすくなっています。

この話は原作でもトップレベルに入るエピソードですが、これをどのように盛り上げるかが今回一番の見所なんですが、ここまでの前振りも含めてとても良い出来に出来上がっていました。アラシさんの心情というのが前回旨くかけていただけに今回のラストは良く効いています。流れとしてとても自然で彼女の変化に納得できてしまいます。

さて、この内容を踏まえて次回以降どう展開していくのかというのにも興味があります。前々回以前のように戻してしまうという手もあるだろうし、もう一つ真面目な話を持って来るというのもアリでしょう。この辺のバランス感覚をどうするのか楽しみになりそうです。
話が纏まっていないのにキャラだけ増殖させる。だから益々話が訳判らなくなるという、不味い構成の典型です。しかも、よく判らない設定に新しい設定が続々と追加されるので世界観もいつまでたっても理解出来ない。ネタとして保存しようとするためか、過去の話が意図的に忘れ去られているというのも鼻に付きます。

物語性が高ければそれに必然性を持たせることもできるのかもしれないのですが、話がほとんどバラバラなので細切れの長編ものを見せられているかのような印象を受けます。シリーズ構成が悪いという良い証拠でしょう。

攻撃力はともかく、人格に障害を持っているような人間がそれ程重要なポジションに付いているというのがそもそも異様な自体で、その時点で、この図書館とやらの重要性はどんなもんなんだろうと疑問を持ってしまいます。武装司書に対する形容はご大層ですが、実際には紙一重という話が多すぎるというのもどうなんだろうと言う感じ。

パニックエピソードものとして、今回だけを見ればそれなりというのもいつも通り。だから、スタッフに全体を構成する能力が欠如しているということになるんでしょう。残念なことですが、最近の作品には良くある事なので、珍しい訳ではありません。
いつもの事ですが、典型的なネタを旨く見せてくれています。キャラは固定だし、それ程強烈という訳でもないのですが、それでもその特徴を目一杯使って話を作っています。イカロスが無人格から徐々に変化していくというのが全体のコンセプトの前提になっているんですが、それが旨く機能しています

見ていて楽しく、話も順調に展開しているという素晴らしい構成です。バランスが旨いが故に出来る技だと思います。そして着々とメインの話も進めてくれていますから見事なものです、ネタ出しの量とタイミングも適切だし、話の作り方にそつなさが感じられます。

真面目な話じゃなくてもしっかりと作ればこんな風に良い感じに仕上がるんだなと改めて感心させられます。