FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
スキャンダルのいやらしさを良く伝える回になっています。マスコミは社会の健全性にとって不可欠な存在であると同時に、こういう連中は毒を吐くので一長一短です。まぁそういう内容が好きな大衆の品がないということを端的に表されているということなんでしょう。人間として最低な部分を恥ずかしげもなく、表面に出している連中というのは例え仕事であったとしても見苦しいです。

ということで、芸能人話としては悪くないですが、やはり恋愛モノとしてのバランスはよろしいとは言えない状態です。男性陣が揃ってヘタレというのも最後まで変わらずです。キャラはともかくその関係性の描き方が甘いので空回りしているような印象を受けます。

ともあれこのドタバタ劇がどうやって収まるのかという点に関しては興味深いところです。ラストの納め方がどうなるのかという事については期待したいと思います。
スポンサーサイト
作品最大のというか最後のクライマックスに向けて壮大な前振りになっています。中身はともかく見た目としては、美しい王女というのは映えるものです。権威などというのは、虚仮威しの一種ですから、見た目や形式というのはことのほか重要なことでしょう。

そんな中でエリンはほとんど沈黙を保っていました。何を考えているのかは次回送り。長い時間をかけてエリンの成長をただ描いてきた作品だけに、彼女の思いというのはまさしく万感という印象を構築するのは成功しています。

さて、機は熟したという感じがします。どんなラストになっているのかとても興味深いです。納得のいくラストにして欲しいと思います。
つまりこれはバトルアニメでは無くて脱衣アニメであるということなんしょうね。だから誰がなんで勝つとか負けるとかそういうことは大した問題じゃ無いってことなんでしょう。ラストに来てモンスター相手にみんなでボコるというのはなかなかに痛快でした。

それからどうしたというような印象も残らないでもないですが、まぁそれなりに一応収まっているので、頑張ったんじゃないかという気がします。特に沼地の魔女の部下三人組は、役目としては結構良いポジションではありましたが、本来の目的が何だったのかもすっかり忘れてしまうような状況でした。

レイナ自身は女王になるということを意図していたわけでもないし、これまでの戦いで闘士達に対して女王の資質を求めるような内容も無かったですから、本当にこの手段で女王を決定しているとなるとトンデモな時世になるんだろうなぁと思いますが、まぁそれも作品の本質には関係ないことでしょうね。

トータルとすると、そうですねぇ65点って感じでしょうか。露出はあったけどエロさはちょっと足りなかったように思えるのが残念ではあります。
何れにしてもハーレムモード継続中。呪いとのミックスぶりは大分良くなってきたように思えますが、やっぱり軸がはっきりしないという印象も継続中です。けれど、今回は少し進みそうな雰囲気になってきました。しかし、ここまで猫化するとは思いませんでした。地蔵の呪い恐ろしやです。

今のところはまだ何とか誤魔化せそうですが、これ以上進むという事になると誤魔化す事も出来なくなりそうです。現時点で何匹の願いを叶えたのかはっきりしませんが、その辺りにふれられていないということは、ノーマルなクリア方法じゃないのかもしれません。

ここから一体どういう展開になってくるのか期待させてもらう事にしましょう。