FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
双子の話と銀の話と二つが入り交じっているので非常に判り辛くなっていますが、今のところまだそれが混じり合うという感じはありません。その状態で話をこれだけ展開するのは見事ですが、肝心な部分を隠し続けているだけに奥歯に物が挟まったような状態になっているのも事実です。

親父がやっと出てきましたが、一体なにを目的にしてきたのか判らないままにお亡くなりになってしまいました。親父に限らずいくつかの組織が動いて居ますが、それぞれが一体何を目的としているのか判りません。恐らく明らかになればきちんと整合性が取れているんだと思うし、お互いの目的は判らないというのがリアルではあるんですが、話として見ると、どうしても構成に無理がでてきてしまいます。

全体として情報量が不足しているという感じを受けます。それが意図したものなのか、単に表現できていないだけなのかそれは判りませんが、結果として唐突とも思える状態になってしまっているのも事実です。最終的にそれらが吉と出るか凶と出るかはラストを見てみないとなのかもしれません。つまり、ここからが勝負ってことになるでしょう。旨く纏まることを期待したいと思います。
スポンサーサイト



あれ、こんな繋がりだっけ? と前話を見直してしまうくらい印象が薄いです。かなり重要なエピソードだと思うんですが、全体がのっぺりとしていてメリハリが無いから、覚えていられない状態です。そして、今回も引き続き縁切りが続きます。

弥生さんってば、されで切られてしまったの? あれだけヤルだけやっといて? まぁその程度の関係だったと言えばそうかもしれないですけど、じゃあ由綺や理奈との関係はもっと深いのかと言えばそういう感じもあまりない。

表現は深刻にしていますが、内実は薄っぺらいので白けます。結局行き着くところ誰になるのか判りませんが、少なくとも今のところ、誰であっても特別な関係があるように感じないのが悲しい限りです。これだけ美少女が出てきているにも関わらず、どの娘も魅力がもう一つなのも残念です。

とは言いつつもクライマックスが迫ってきているのは事実でしょうから、なんらかのオチは必要でしょう。ここからどういう展開に持って行くつもりなのか、ラスト位は盛り上がって欲しいものです。
ハミュッツはこの作品で最も興味深いキャラだし、彼女の話は面白く見ていられるんですが、よく判らないというか変だろって突っ込み無くなるところは無数にあります。挙げ出すときりがないのでいちいち挙げませんが、その一番大きなものは、今回の話のシリーズにしめる位置が謎であるということ。

そんなこといつものことだろって言われるとそうかもしれません。気にする事でも無いのかもしれません。気にする事でも無いってなってしまう事自体が謎です。しかも、ハミュッツが引き立っているのは彼女以外にキャラらしいキャラが存在していないということが最大の要因であるということが悲しい限りです。

この調子でまだ続くらしいので、最終的に細切れになった話が繋がってくればいいんですが、果たしてそうなるんでしょうか。かなり懐疑的になってしまいそうです。長々とやる以上少しは期待させて貰いたいものです。
結局社会にとって一番の敵は馬鹿ってことが結論なのかもしれません。馬鹿に力を与えること程恐ろしいものは無いというのが非常に良く表されています。馬鹿に制度上力を与えることが恐ろしい結果を招くというのは、現在の民主制にも見て取れます。馬鹿は淘汰されるべき存在であり、少なくとも身の丈にあった分相応に納めていくのが得策でしょう。

そして、私事によって王獣を戦いに使ったエリンと、その他の選択が一体どの程度違うというのでしょうか。正直その差は微妙なものでしょう。そのことはエリン自身も悟っています。「でも」と彼女はつぶやきます。さてこのでもの後に続くものはなんでしょうか。

実は、それこそがこの長い物語の神髄になるはずなので、とても気になります。この状態になってエリンが行き着いた結論とは一体なんなのか、そしてリランはどうなるのか、次回の展開がとても興味深いです。期待して待ちたいと思います。