FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
なんとなく綺麗に纏めた感じ。まぁそういう裏話がある事自体は不思議な事じゃないし、人間というのはお互いに影響を受け合っているので、その解釈の仕方次第では良い方向に流れることは十分にあり得るでしょう。それによってある種の救いを得る事もあるだろうし、それを美化することも悪い話じゃない。

結局狭い空間で狭い関係性の中でクローズする以上は、そう言う方向に話を持って行くしか手がない。後はそれを好むか好まないかということになるのかもしれません。個人的にはキャラの描写がもう一つで、最終回での解説に素直に頷けない。勿論そんなことはあり得ないということは無いんですが、彼女達の行動がそこまで前向きに解釈できるという要素として受け入れることが出来ないというのが実際の印象です。

とは言え、これ以上の展開は難しいのも確かですから、やはりここまでの描写が全てだったということになるんでしょうね。
スポンサーサイト
真っ当な話の展開になるのかと思いきや、歌合戦になっている状態。殺伐とした展開が似合うとも思えませんので、美少女ものとしては歌合戦辺りが妥当なところと言えなくもないです。それでも伏線を張れたというのは立派なものです。

しっかりと新シリーズの予告もしたことだし、この状態を続ける限りでは幾らでも続けていくことが出来るでしょう。キャラもまだ増やせるだろうし、微妙に三国志的な要素を入れつつ萌え変換していけばどんどん話は作れるでしょう。

もう少し独自のアクセントが欲しいところです。折角ここまでシリーズ化したんですからもう少し面白くなってくれればなという気がします。
完全天然のサダ子をターゲットにするよりもまともな神経を持っている風早をターゲットにするという方法自体は正しい選択だと言えます。けれど、本人をターゲットにするということは諸刃の剣でもあります。場合によっては状況を加速させてしまうかもしれない。そういう危うさがあります。

おじさんの意見としてみれば、高校生くらいの頃ならそれ程慌てる必要もない。一端誰かとくっついたとしても、そのまま永久になんてことになる可能性はほとんどない。チャンスはまた回ってくるかもしれないし、そうこうしている内に違う誰かと出会うかもしれない。所詮恋なんてその程度のものですよ。

ってことなんですが、そう言ってしまうと恋愛モノは成立しませんがね(笑) 物語としては、悪事がはびこることはなしってことなんでしょうが、現実には悪事は簡単にはびこりますがね。何れにしても、サダ子のカラーを変えずにエピソードを進行することに成功しているのは天晴れです。このままラストまで走り切れればなかなかです。