FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
KazuSさんって意外に良いところがありますね♪でもココロはそこが好きですよ。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
未だに世界観を理解出来ない状態ですが、宗教という絶対悪を想定するのは非常にお手軽かつ効果的です。なにせ宗教は狂気の固まりですから、どんな非道も可能になりますし、どんな異常行動も無条件に正当化することができます。

恐ろしく強力で、かつ半分が狂気で出来ているような表現がされているハミュッツや、力はともかく人間的には未成熟なものばかりが揃う武装司書であっても、相手が正真正銘の狂人集団となれば相対的にまともに見えます。

どうもここまでのエピソードを見ると、未成熟な人間に強力な力とそれを使わなければならない状況を与えた時にどうなるかという思考実験をしているように見えます。様々なタイプが居るし敵はいかような設定でも出来るし、能力は何でもありになっているのでバリエーションは豊富ですが、結局腰が落ち着かないのはキャラの軸が固定していないからでしょう。

純粋に感覚として受け入れられるか否かという勝負になってしまっていますが、このノリは個人的にはどうもついていけていないというのが実際のところです。
まごう事なきインターミッション。光子さんがこれまでほとんど絡んで来れなかったので、それを補完するステップとしてはそれなりに有効かもしれません。水着回という割にはサービスカットはそれ程でもなかったですが、ラストのオチは秀逸で、あの後一体どうなったのかと気になってしまいました。

状況説明としても、前回のラストはなかなか壮絶だったので、きっちりとリセットされましたというのがよく判って意味のある回になったように思えます。折り返しの箸休め回で必要性を見いだせるというのはなかなか珍しいことで、後半のでき次第ではありますが、ここまではまずまずの構成になっていたんじゃないかと思います。

しかしながら、リセットはできたものの状況や関係性が特に進展したという印象も無いというのが実際のところで、元からスピンオフであっただけにそれなりにキャラが出来上がった状態ではあるものの、成熟させるというところには行かなかったという部分はあります。木山が持ち込んだネタを膨らませるというのが最も正常な方向だと思いますが、そちら方向に話を進めるには結構な手間がかかるように感じます。

初春と佐天の二人を今後どう使っていくのかというのも難しいところ。能力のレベルが低いということが一体何を意味するのかという部分を前半とは違った解釈で描かなければならないとなるとこれまた面倒に思えます。逆に旨く成功させれば良い感じに展開できるかもしれません。