FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ストーリー展開がとてもらしいので気に入りました。結局コブラのエピソードというのは、簡単に終わるというものは少ないので、今回も更にもう一つくらい何かが起こるかもしれませんが、予告では別エピソードに行くようなので、比較的短い話になっています。まぁこの位の長さも悪くないでしょう。

こんな調子の話がずーっと続くのかもしれません。ちょっとライトな感じのコブラというのもいいんじゃないでしょうか。この雰囲気が好きな人にとってはそれなりに楽しめます。折角新しいシリーズを始めたのだから、何かポイントになるような部分が欲しいのはありますが、それを強調しすぎると折角の雰囲気を壊すことになりかねないのでバランスが必要になるでしょう。

これからどういう展開になってくるのかちょっと楽しみな番組になりそうです。
スポンサーサイト
こういう話がとあるシリーズとしては適切だと個人的には思います。キャラのドタバタ劇も悪くはないですが、能力開発云々という見出しを付けるならやっぱりこういう話が望ましいでしょう。レベル最高とレベル最低の二人の少女。彼女達の関係が良好に保たれていること自体がかなり強烈な皮肉ではありますが、それだけじゃなくて、能力とはなんなのかという部分に真面目に向き合う必要があるんじゃないかという気がします。

何度も書いていますが、この世界観における能力というのは価値観ですから、それを肯定するにしろ否定するにせよそれが全てであるという発想は間違いであることは明白です。けれど、しばしばそのことを忘れて特定の価値観に邁進してしまうという癖が人間にはあります。その時にその価値観でゼロと判定されたら一体どうなるのか。その点が強調されていました。

だからといって彼女の存在自体は否定できない。そこまでは良いとして、じゃあどうするのかというところが一番重要なんですが、そこについては未だ方向性が見えてきません。かなり難しい問題ですから安易に結論が出せるものでもないんですが、もう少しその判断材料を見せてもらえればと思います。これからの展開に期待したいです。