FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
要約すると、どんな悪意も天然には通用しない。ってことになるんでしょう。要約してしまうとそういうことになりますが、それを堂々と臆面も無く作品に出来るというのが偉大だって事だと思うし、それが成立するサダ子というキャラクターを成立させたという事実でしょう。

彼女が彼女らしく対応すればどうなるのかということを突き詰めた結果、あるいはそう思える結果を作り出すこと。それは凄い事だと思います。通常の発想ではあり得ない状況をらしいと思わせている訳ですから、結果としてサダ子というキャラクターがしっかり成立しているということを照明しています。

ただし、それに好印象を持つかどうかというのは別の話。正直なところを言うとちょっと行き過ぎという感じもしました。しかし、それが今度は逆にあからさまにノーマルな思考を持つくるみというキャラに跳ね返って彼女を可愛らしく魅せることになっています。これを計算でやっているとしたら、それこそ凄いです。完全なヒール役で、しかもそれを貫いたくるみに対して、それでも最後の告白のシーンで、彼女を可愛らしいと思わせる。そういうところまで持って行けるというのは構成の妙でしょう。

やっていることは、少女漫画系の恋愛モノなんですが、それでもこれだけ斬新で興味深い展開が出来るもんなんだなぁと感心することしきりです。妙に懲りまくった設定を作った挙げ句に自滅というような作品も乱発される中で、こういうシンプルだけど描き込みで成立させているという作品を見ると、ちょっとホッとします。
スポンサーサイト
結局お気楽系のお話ってことなのかもしれません。5人の辺境部隊で女の子達がのんびりと兵隊ごっこをするという展開なんでしょうか。初陣と名の付くものが幽霊退治ですから、なんともです。喜多村がやけに気合いはいっているのが印象的です。

かなり特徴的な世界観があって、それを徐々に説明してきているというのは立派です。それも含めて作品としてのクオリティは結構高いように思えます。ユル系ではありますが、しっかり描く事が作品の質に直結するというのがよく見て取れます。

なんにしてもキャラが5人しか居ませんから話も必然的に限られてくるとは思いますが、この展開なら5人位が適切な人数かもしれません。街の人達も使っていく事は出来そうだし、旨く処理できればそれなりの展開ができるんじゃないでしょうか。ここまでは良い感じに仕上がっているので、最後までしっかりと作って欲しいです。