FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
少なくともここまではクフィーユの存在というのは、目立ったものではありませんでした。能力も決定的なものではないし、あくまでも突っ込み役としての存在のみになっていました。けれど、今回の秘密の暴露によって、彼女が今作の切り札になるんじゃないかという予測ができるようになってきました。

とはいえ、あくまでも可能性があるというのが見えただけで、具体的にどういう風に関わるかという部分は見えてきていません。設定を本気で小出しにするなぁという感じです。ただ、これだけ複雑な世界観を時間をかけたとは言え、それなりに描けているというのは評価に値します。難しいところはすっ飛ばして、複雑な話にしなかったというのが大きかったんじゃないでしょうか。

徐々に条件は揃って来つつあるというきがします。クライマックスに向けて準備万端になってきそうです。どういう展開になっていくのかこれから楽しみになりそうです。
スポンサーサイト



ついにノイタミナののだめも3期です。のだめといえば、外れないという意味で鉄板ですが、それと同時に大当たりもしないという意味でも鉄板です。それは詰まるところいつものノイタミナってことなのかもしれません。

ファイナルという言葉を信じるならば、これまで最大も問題点に思えた消化不良感を払拭できるかもしれません。が、相変わらず指揮と演奏者のCGは激キモいです。2期に比べると大分音楽に真面目に取り組んでいるように感じられます。

同じ道に進んでいる若いカップルで片側だけが著しい成功を納めてしまえば、それは片側としては穏やかではいられないでしょう。そこを乗り越えたところに、あるいは、前を進んでいたつもりがふとその差が縮まったり逆転していたりと実感出来た時これまでと違った、進んだ感情が生まれるというのがのだめの醍醐味でしょう。そこを強調できればそれだけ面白くなるように思えます。

ともかく、これからどんどんと話が進んでいくような気配がありますから、その点については楽しみにできそうです。
ローテンションのまま淡々と進んで、時折クスっと笑わせる。これぞまさにひだまりスケッチだなぁという展開でした。キャラを良く動かして、設定をよく使って、これだけ何もしていないにも関わらず、しっかりとらしさを演出出来ているというのが素晴らしいです。

まだ学校も始まっていない状態。つまり必殺吉野屋先生がワンシーンしか出ていない。しかも全開でも無いという状態ですから、これから盛り上がり系のネタが入ってくることは十分期待できます。

キャラの数が少ない状態で、カラーががっちりと決まっていますので、どうしてもマンネリ気味になってしまうという弱点があって、それを回避する為にあるいは、目立たなくする為に様々な手段を使って演出を行っています。その新房マジックを見るのもひだまりの楽しみの一つですね。絶望先生もそうですが、もう3期ともなると、作品がすっかり新房カラーに染まっています。既に原作の方がアニメっぽくなってたりしてます。

さて、今回はどんな展開を見せてくれるのか回数を追うごとに期待度は上がりそうです。