FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
みみなちゃん、かねともかと思ったら違いました。ロリ担当の回なので、エロ度は低め。常識外れな感じがあるところが、今回のポイントですね。それにしても徹頭徹尾ロリです。川澄の意地悪さが今回は炸裂するかと思いましたが、やり方は強烈なもののそれほど意地悪という感じはしないですね。

こうやってなんだかんだでハーレム状態に近づいていく訳ですね。感化の速度が予想以上に速いので、折り返す頃には完成しているかもしれません。まだキャラ紹介も終わっていない状態ですが、女の子達がバラエティー豊かな感じがするので、結構楽しめるかもしれません。

秋晴はヘタレではないものの、特に目立った良さも感じられませんが、ノーマルという印象はあります。お嬢様というよりも、変人が多いという印象のコミュニティにおいてはノーマルというだけで光る感じがします。そういうものは相対的なものなんだなぁとつくづく痛感したりします。

コメディとしてはそれなりの出来という感じがしています。ネタ切れになってテンションが下がるということにならない限りそれなりになってくれるかもしれません。
スポンサーサイト
とっても新房らしいシーンから始まり、前回お預けにされていたオープニング。これがまた格好良いです。サビのダンスは本気で素晴らしくて見蕩れてしまいました。まさにヴァンパイア蕩れって感じです。そして、何気にまじぽかネタが入って、化物語ネタがはいってツェペッシュ登場。この一連の流れがまた美しいし、かつしっかりと伏線もはっていて見ていて楽しい。

アッという間にAパート終了です。素晴らしい。

キャラデザイン的に濃いめで、正直好みとは外れているんですが、その違和感を感じさせない出来になっています。そして、少なくともここまでは完璧に見えたツェペッシュがドジっ娘ぶりをアピール。フォーカス甘めの画面。それどころか時折完全にピンぼけになっている辺りが狙った感じです。悪く言うとHD画像のできが悪いように感じます。が、それが現状を良く表していて良い演出です。

それにしても悠木碧が名演です。彼女の強い部分と弱い部分、それに子供っぽい部分も含めて旨く演じています。それがキャラに深みを与えています。僅か2話でこれだけキャラを立てることに成功するとは、完全に脱帽です。

今期は比較的できの良い作品が多いですが、そんな中でも現状ダントツです。化物語に続いてこれとは、新房恐るべしです。
リオのうろたえっぷりがなんとも素敵で可愛らしかったです。彼女の過去が垣間見える辺りは素敵で綺麗な構成になっています。戦車の秘密や世界観も垣間見えてなかなか良い感じです。そして良い感じに纏めているところはそつのなさを感じます。

そうですねぇ、アメージングストーリーは良い曲です。金管独奏も良いですが、個人的にはやっぱり綺麗なソプラノが入っていて欲しいところではあります。できの良いあの曲は、確かに空の音という印象があるかもしれません。イメージソングとしてはしっくり来ます。

最近のアニメにならされてしまうと、数人のキャラで構成するとなると、少なくて大丈夫なのかと心配になったりしますが、実際にはそれぞれの人間にはそれぞれの過去を追っています。、しかもそれぞれいい大人だし、時代設定や世界設定も複雑になっていますから、相応の背景というのがあるはずだし、人間性についてもそんなに簡単なものではありません。

割り切って、キャラ描写に集中するのであれば数をしぼってじっくりとエピソードを積み重ねた方が良い。まだ最初の数話の段階ではありますが、そう感じさせてくれる良い出来にここまでは仕上がっていると思います。