FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
音楽家として自立するためには、公私の区別無く音楽に没頭するくらいじゃなければならない。そう言う意味で、音楽家としての道とラブコメは簡単には両立できない。結局はその部分を強調するような展開になっていますが、ちょっとベタかなという気がします。

のだめの超人ぶりが久しぶりに発揮されたのは面白かったですが、そういう意味では特に目新しさも無く、彼女の明澄しているんだなというのが理解出来ただけという状態でした。なかなか千秋との仲が交わりませんが、二人の掛け合いが無いと作品の魅力が半減してしまいます。

どうやって、この閉塞感を打ち破るのかが目下の課題という感じです。今期始まってから盛り上がりに欠ける展開が続いています。そろそろ変化が欲しいというのが正直なところです。
スポンサーサイト



すっかりハーレム系ラブコメになってしまっています。というか、それ以上になっていないのが寂しいところです。そんな中で、今回の話はちょっと設定を使ってきています。猫の恩返しってことのようですが、あんな美少女に化けてくれるなら犬でも猫でも鼠でもOKな感じです。しかも、美少女なだけじゃなくて、積極的なエロという属性まで付いてくれていますから至れり尽くせりです。

しかしながら、ハーレムモノの特性として、一人を目立たせると他のメンツのポジションが相対的に落ちてしまいます。そして、化け物戦争となると壮絶なものになるのは必然で、これまでがあまりにもお気楽だっただけにギャップが凄まじいです。結果一撃でクリアされてしまった訳ですが、おかげで潜在能力覚醒です。

まぁこういう展開にならないと話として盛り上がってきません。しっかりと前提となる設定を早めに出して、その上で話を構築するのが正しいでしょう。ここからが本番ということで、どうなるのか期待したいと思います。