FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
日常生活の仲で如何に楽しみを見いだすか。それが出来ないことには人生は苦痛でしか無くなってしまう。それはある意味正しいです。それを緩和するのに、宗教に走るのは奴隷のやる事であり、人間として最も軽蔑に値する行為です。まさに人の弱みにつけ込むという下衆なやり方そのものでしょう。

人が何故生きるのかというのは、本当に人それぞれですけれど、まぁなんでも思い込みにちかいものになりそうです。所詮はその程度の薄弱さで人間は生きているってことでしょう。それは能力があろうとなかろうと変わる事はないってことなのかもしれません。

それにしても、色々なことをやっていますけど、主軸の話を描く時間がどんどん無くなっていってしまうことになるんですが、大丈夫なんでしょうか。主題として面白い内容だと思うんで余計なことはやらずにしっかりとその部分の話を作り込んで欲しいです。まぁ話数もそれなりに残っているんでまだ大丈夫だとは思いますが、そろそろ本腰を入れて欲しいですね。
スポンサーサイト



なかなか楽しい話になっています。女の子達の可愛らしさが名一杯表現されている感じですね。楽しさだけじゃなくて、キャラ達の魅力が凝縮されているところが良い感じです。これだけ同じペースで同じようなことをやっているにも関わらず飽きが来ないで見ていられるというのは、偉大だなぁと思います。

吉野屋パワーはやっぱり落ちているなと感じます。それがとても残念です。これから吉野屋メイン回があって盛り返してくれることを期待したいところですが、小出しにしてしまうと、ネタが切れてしまいそうな感じが怖いです。

映像表現的にはひだまりスケッチとしてはほぼ完成の域に達していて、とても安定しています。新房監督は、いくつかシリーズものを持っていますし、新作にも毎回挑戦していますが、かならず新房的なというのが理解できるのに、ひだまりスケッチとしてのカラーもきっちりと維持しているというのが凄い事だなぁと感心します。

その作品のポイントとなる要素を外すことなく抑えているからこそできるんじゃないかなという気がします。どんどん進化している様も見えますし、本当に底が知れない人だなと感じます。