FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
しかし、あんたが人の事を変人扱いするのはいかがなモノだろうか? 他の人と違うという意味では奈由だって、天原だって変わらない訳です。まぁ考え方が完全に違うので、話が合わないのは当然ですが、それは善し悪しじゃないでしょう。これで、機能面の考え方だけを優先するということは変人そのものの否定になりますから、あの年増教師と本質的に何ら変わりありません。

特に下着に限らず衣服というのは、どうしても二面性があるものですから、両極端で比べても噛み合う事はないでしょう。結局はお互い妥協しつつバランスを取るという辺りが妥当なところでしょうか。実際多くの衣服はそうして作られている事でしょう。まぁ特に年頃の女性の場合はどうしても見た目に流れがちになるのは仕方ないところでしょうか。それが下着になっていることで話が微妙になっていますが、少なくとも洋服になればそういう傾向が出てくるように感じます。

そうは言ってもお互いの部分の知識を得る事は有益でしょう。そうすることで、本当に良質な商品を知ることはできるでしょう。考えてみると、そんな当たり前のことを大仰しくやっているだけのような気がしてきました。
スポンサーサイト



本来明るく楽しいはずのプールネタが、何故かこんなに恐ろしい異様な話になるのか不思議な位です。あれだけ騒いだ殺人ワッフルの結末が出てこないのがなんとも言えません。そして、水着に飽きたらずお風呂タイムに突入です。そして何故だか秀吉だけが特別扱い。

そして、ここで召還したとしても多勢に無勢であるからどうにもなりません。更にどこにいてもHP0で補習が発現するという、あり得ないところでお約束をするというのもなかなか凄まじいです。

テンポとキレが良いので、見ていてとても気持ちいいです。こういう話は作りやすいかもしれませんが、それも見せる演出を展開させるのは言う程簡単なことじゃないでしょう。その辺りしっかりと狙って作っているという感じがちゃんとして好印象です。