FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
一気に季節が進んで、気がつくとコンペイトウもかなり貯まっていました。あの状態からよくもまぁあれだけ貯めたものです。まずはどうやってあそこまでにしたのかを追求したくなります。どの程度で増えていくのか判らないんですが、一年もたたずしてあれだけ貯めるというのは、相当なことで、小鳩のあの性格、あの行動パターンでは、まず無理でしょう。

この手の話だとどうしてもそうなりがちなのですが、保守こそ正義という傾向があります。しかも無条件という場合が多くて、それを一方的な視点からだけ書き込むという技法が取られるので、鼻に付くことが多いです。しかもCLAMP系の場合、結局悪役も悪役になりきれないというオチがつく可能性が非常に高くて、なんだかんだで視野を変えればなんでもアリという結論になることが多い。

保守にとって非保守は常に完全無欠な敵で、しかも保守の思考は保守ですから当然堅くて善悪で構成されていて、自分達の敵は悪という見方が成立しています。そういう話を簡単に受け入れてしまうという素養が存在している時点で悲しい限りなんですが、まぁ何れにしてもコミュニケーションを拒絶している時点でコミュニケーション不全な連中であることは間違いありません。そうしてドラマ性を高めるというのは、正直感心できるやり方とは言えないでしょう。もう少しきちんとした話を作って欲しいなという気がします。
スポンサーサイト



ありとあらゆるエロ要素を詰め込むというのが恐らくこの作品のテーマなんだろうとしか理解出来ないような状況になってきました。今回はメイドと調教。話の方は相変わらずですから、エロ一直線です。

まぁ最初からそういう傾向ですから今更驚くに値しません。陰鬱なエロですからそりゃもうエロエロな感じです。れでぃ×ばどみたいな明るいエッチとは違って、完全にその名の通りのエロです。これが出ていないというだけで一般放送に流せるという時点で、法律とは無意味なものだなぁと痛感してしまいます。

ともかくも美少女てんこ盛りですから、エロ一直線でも当分はイケルでしょう。どこまで引っ張れるのか挑戦って感じでしょうか。
男子が下着同好会、しかも女子だらけの下着部でどう関わっていけばいいのか。それははっきり言って相当難しい話。機能的な云々は男の身には全く関係無い人事ですから、必然的にもう一つの方面に感心が行ってしまうのは仕方ない事でしょうね。ましてや思春期真っ盛りとなれば、意識するなと言う方が無理でしょう。

それを嫌がっていたのでは活動は成り立たないし、そもそも下着同好会って何を目的としているのかが良く判らない状態ですから、単にその名の通り下着好きが寄り集まっているというだけの状態では、彼の居場所は自ずと無いでしょう。

しかしまぁ本当ならば、男性の目というのは下着のデザイン面に付いて言うなら重要なファクターだと思う訳で、そういう方向に進むということは考えられなくもない。単に意識する男という存在として置かれているだけかもしれませんが。