FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
折り返しのタイミングにオープニングカットで気合い入ってます。印象的なカットの連発で新房節炸裂です。それにしても濃密です。1シーンも見逃せないという感じが素晴らしいです。しかしだ、命令に逆らえないというのは実証されているのに、ピンチになってしまうというのは、今ひとつ解せない部分があります。

そして、ついに変身。その姿はまごうことなきモリガン様でした。つか、あれはサキュバスか。で、アキラくんはしっかりと生き延びました。これで正式に騎士様です。ある意味ここからがスタートということです。そしてそうなってもやっぱりミナちゃんは可愛らしさを忘れていません。そこら辺がナイスです。

ドロップの君もまだ正体不明ですから、見所は続くでしょう。いやぁ久しぶりに凄まじいストーリーものになっています。素晴らしいです。
スポンサーサイト



幼児に卑猥な言葉を言わせて楽しむプレイが今回のアバン。さすがです。そしてお馬さんプレイ。さらには靴にキスの強要と猥褻プレイてんこ盛りです。そして旅先でも残念な乳扱いです。そうこうしている内にAパートが終わっているというのだから恐ろしい。まさしくエロだけで構成されていると言っても過言ではないでしょう。

Bパートが始まったと思ったら青空強制脱衣百合プレイ恐ろしいとしか言いようがありません。と、同時に可愛そうなお嬢様は彷徨っています。希に見るトラブルメイカーっぷりです。そして気の毒な彼女は結局乳を吸われてしまうという為体。それにしても卒倒する程気持ちよかったんでしょうか。

結局なにを探しているのか未だに判りませんが、どうせ大したものじゃないような気がしてきました。何せ、宗教野郎が大量に出張っているようですから、奴らにとっては例えゴミでも最高の宝だと思い込むことが出来るでしょう。いやはや信仰とは本当に恐ろしいものです。
親が居ないと何故寂しいのか。それは周りには親が居るのに自分には居ないから。クリスマスに幸せじゃないのは何故そんなに悲しいのか、それは周りとは異なるから。つまり、そういう印象には大抵の場合、他とは違うのは良くない事だ、悲しいことだという刷り込みがなされています。

なんで藤本は偉いのか。それは他人と異なるのにそれを意に介して居ないから。考えてみればそれって普通のことのように思えるんですが、たったそれだけのことで偉い人に見えてしまう。共同意識の強さたるや本気で恐ろしいです。もはや洗脳です。そして、周りに染まり同調する妥協をするとあたかも良い話に見えてしまう。

みんなと同じじゃなければならない。みんなが幸せなら自分も幸せでなければならない。自分が楽しいことはみんなも楽しいはず。みんなと異なる価値観であることがあたかも不幸で、やってはならないことであるかのように感じます。良く言えば素直かもしれませんが、悪く言えば単なる愚か者でしょう。クリスマスなんて単なる史上最悪の詐欺師の誕生日とされている日だと思えば、別にめでたくも嬉しくも無いなんて、当たり前のことです。

人類総愚か者化計画。そんな雰囲気が漂って、なんか虫唾が走る回でした。
素晴らしいハーレム。少なくとも意中の彼女と美人人妻を相手に旅行に行けるというだけで結構羨ましい状況と言えるでしょう。まぁコブはいただけないかもしれませんが、そこについてはプロフェッショナルが2名も居ますからなんとかなるかもしれません。そこに更に加えて女子校生妹が付きますから客観的には素晴らしい限りです。

まぁ田舎の思い出は子供の頃はいいかもしれません。徐々にうざくなるかもしれませんがね。先生と生徒の恋愛は叶うか? 女性が生徒の場合は真剣に考えているなら、落とせる可能性は高いでしょうね。天下の女子校生が迫ってくれるなんて羨ましい限りですからね。

なんだかんだで最後にはみんなハッピーで終わるといういのは綺麗な纏め方。いやツッチーだけはやや不幸気味だったかもしれませんが。しかしまぁ良い感じになっていたんじゃないでしょうか。エンディングも格好良かったですね。ほとんどピーナッツな感じでおもちゃのピアノを弾くというのは悪くない感じでした。まぁこういう何気ない展開も重要でしょう。