FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
のだめ達が少しずつ成熟していく様というのが出ていたように思えます。徐々に音楽に対してどうやって向き合うのか。それぞれがそれぞれに見いだして言っているように感じます。そういう意味では気分屋の要素が強いのだめは自立に時間がかかるというのも道理でしょう。ベイベちゃん扱いされていたのもその辺が原因なんじゃないでしょうか。

しかし、だからこそ天才というのは成立するのかもしれないという気もします。詰まるところ天才というのは扱いが難しい。天才肌が成功するか否かというのは、良い教師を見いだせるかどうかなのかもしれません。その点のだめはラッキーだったでしょう。いや、そうじゃないと話として成立しないんですけどね。

さて、自立というのは、ある意味で双方の依存性から脱却するということになります。それは一見するとありがちな恋愛状態からの脱却になってしまいますが、そこから新しい関係性を構築していくその様が描写できれば面白くなるかもしれません。
スポンサーサイト



ドリルネタはとても楽しい。しかし、このキャラデザインって女性のボディラインが美しいですね。どの娘も可愛らしいです。適度な丸みが良いですね。エロ作品とは言え、相手がその気にならなければどんなシチュエーションも無駄になるってものですが、それを打開するのに酒の力を使うというのは悪くない選択です。

夏だけあって今回は胸に拘っています。まぁドリル娘の場合そこは最大の売りですから当然といえば当然でしょう。そもそも第一話からして始まりはそこでしたからね。そしてメイドさんも悪ノリしまくりで良い感じです。

なんだかんだで、フレイムハートさんは最も良い味を出しています。川澄が引いた位置にいるのと、他の女の子達が完全にサブ扱いされているので、余計目立ちます。本命は後からやってくるという構成何だと思いますが、中盤までこれほどに目立てないとは思っていませんでした。ちょっと残念です。
かなり強力な洗脳をしているように感じられた割にはいともあっさりとネタバレしています。そして、そんな中でアスクール登場。結果としては良いタイミングではありましたが、正直出来すぎでもし、アスクールが来る前に洗脳が解けたらどうするつもりだったんだろうかとか考えてしまいます。

結局ク・フィーユってば、囮に使われたってことなんでしょうか。ちょっとシンプル過ぎるという気がしないでもないですが、それでもそうしてしまうというのがまぁ悪辣なのかもしれません。自信の表れと言えばそうかもしれませんが、ちょっとずさんな気がします。

それで結局どうなってしまうのか、まぁそこのところは期待しておきましょう。