FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
変に助けようとしないで割り切ってしまう辺りに格好良さがあるんだと思いますが、それだけにちょっとあっさりした印象も受けます。まぁずるずると奔走するコブラなんてあり得ないですから、選択肢としてはこれしか無いでしょう。それは判ります。

その辺りはトレードオフになってしまうものなので、どうするのかバランスの取り方が難しいところです。シンプルな構成だけにそのバランスが全てになってしまうところがあります。そこを旨く処理できるかどうかそれを次回以降に期待したいです。

それとやっぱり中長編が欲しいところです。きちんと物語的に構成された作品というのを見てみたいですね。
スポンサーサイト
話的にはチャイルドエラー繋がりで綺麗になってきたんですが、今回に限って言うならば初春がウザ過ぎて邪魔でした。友達を思ってと言えば聞こえは良いですが、それは何の根拠もない信頼で、事の大きさから考えれば、まるで公私の区別が付いていない。人間として最も醜い状態を出しまくりで、意図的な部分が有ったんでしょうが、ちょっとしつこすぎという印象です。

結局の今のところ完全に有能と無能とに色分けされていて、常盤台の二人の引き立て役になっています。まぁ主役は御阪と黒子であることは確実なので、それは手法としてはアリではあるんですが、流石に露骨過ぎて白けるものがあります。そのくせ初春の能力を隠しているところを見るとそれを切り札に使うつもりなのかもしれないという匂いもあって、一発屋状態になりかねないなという気がします。

それを以て誰にでも存在意義はあるとか、頑張ればなんとかなる的な薄っぺらい結論に持って行かれるとなるとがっかりな感じです。現時点では悪い方向に行ってるような気がしますので、軌道修正をして欲しいところ。最後まで見て残念でしたってことにならないようにして欲しいです。