FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
まぁ善意に満ちた大人なんて非現実的も甚だしいですよね。まぁ子供達の純粋さを際立たせる為にそうしているという印象も強いですが、それでもそういうある種の悪意が存在するということは世界観として正しいでしょう。目的の為に手段を選ばないというのは悪くない。つか、権力側というのは得てしてそういうもんでしょうね。

能力体結晶というのがどの程度の価値があるものなのかはっきりと判りませんが、能力という価値がこれだけ絶対的なものになっている世界観では、能力体結晶の価値も相当なものと言わざるを得ないでしょう。木原自体は私的な感情で動いているように見えますが、まぁ彼女も利用されているというのが正しい見方でしょう。

御坂や黒子は相応に優秀な能力者だと思いますが、そういう存在が彼女達だけでない以上、それが数人集まったところで組織に勝てるというのは非現実的なように思えます。それを言い出すと終わってしまうので、甘んじて受けるしか無いんでしょうが、そこはそれなりに納得できる構成にして欲しいものです。
スポンサーサイト



よくもまぁという感じのエピソード。でも特に違和感も無く、そして同時にキャラ達も特に困った風でもなく進んでいくというのが素晴らしいです。これぞひだまりらしい展開ってことなんじゃないかという気がします。

吉野屋暴走もなかなか楽しかったし、増えたキャラの側面を描写するという面で見ても結構意味がある回だったんじゃないかなという気がします。構成としては綺麗です。そしてこういう話が成立するという事自体がひだまりスケッチらしいなという気がします。

エピソードとしては、結構大きめな回になっていて、それだけに解決するまでに日数がかかりました。その分色々なことが出来ました。良く纏まっていたし面白い回だったと思います。
釘ミー完全な出汁です。結局男装のツンデレではヒロインにはなれないということなのかもしれません。それにしてもだ、これまでほとんどまともに出ても来なかったのに、いきなり順番が回ってきたと思ったら、惚れてましたってのは唐突な気がします。いや、恋なんて唐突なもんだと仮にしても、やっぱり唐突過ぎると感じてしまいます。

まー結果として出汁であるわけですし、他にも似たようなキャラは一杯居るし、彼女達もほとんど忘れ去られたような扱いだから、仕方ないかもしれません。まぁだからこまるとかって話でも無いんですが、ちょっと勿体ないかなという気はします。

そして、気になるのはやっぱり川澄の影の薄さ。トラウマを与える程のという割にはそれほどでもないし、腹黒っていってもそれ程でもない。存在感はドリル娘に負けてしまう。うーん。幼なじみというだけでそれだけ強いってことでしょうか。うーん微妙な感じです。