FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
しかし、圧倒的戦力差です。この差をどうやって埋めるのか楽しみです。あからさまに慢心があるので、そこをついてというのが一番のポイントなんだと思うんですが、それにしてもかなりのものが必要になります。さてどうするんでしょうか。

猫さんってば、ますます狼さんに考え方が近くなってきています。しかし、勝ち目が無いにも関わらず、無謀にも突っ込んでいく辺りには凄まじさと同時にやや呆れかえるものがありました。まぁ仕方が無いとは言え、手段と目的が入れ替わっています。そこまで追い詰められたという感じが出ていますから、それほど大きな違和感は無いですが、結局彼女に莫大な力を持たせて、後はそれを戻しさえすればというのは、確かに楽な展開かもしれません。

特別複雑な展開を期待するタイプの作品ではありませんから、単純にして分かり易い方が良いでしょう。それをベースに描くべき事をきちんと描いた方が得策です。
スポンサーサイト



何気に良くできているというのが感じられるのが素晴らしいです。流石にもう少し戦力が無いとなぁとは思っていましたが、隠し球がありました。それも結構有効な隠し球なので、旨く使って欲しいです。そして、今回の戦争の目的は一体何なのか。何故Fクラスが無謀にも上位クラスに無理な戦争を挑むのか。その答えが出ました。詰まるところ、学力至上主義への挑戦ってことですね。実際、バカとされているキャラ達をより魅力的に、利口とされているキャラをより黒く描いていますから、最初からそういう意図があったんでしょう。そもそも賢さと学力は無関係だということは、糞役人共が現実でも証明してくれています。

けれど、それでも未だ学力は重要だと考えている愚か者は少なくありません。そういう愚か者にでも理解しやすい形でこの条件を提示できるというのは有益でしょう。それで面白いとなれば言う事無しです。