FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
これだけキャラが増えて良く扱えるなぁと感心します。どうしても相対的に個々の出番が減ってきてしまっていますが、まぁその辺は話数でカバーとというやり方なのかもしれません。それはそれで楽しみが増えるという考え方が成立しなくもないです。

すでに単純なバカバトルものであるという認識が成立していて、それでも懲りずに何度でも繰り返すという根性。そして耐久力がこの作品最大のパワーと言えるでしょう。それでも突っ走ることでもうなんでもアリだろうと理解させるという力業です。

そうそう、恋姫†無双もそのノリで作られているような気がするので、三国志系美少女バトルはそうなってしまうのが必然なのかもしれません。
スポンサーサイト
ノリは変わらず。良くも悪くも。未経験の不器用でものぐさで大して練習をしているわけでもないな天然なお間抜け女の子が一気に才能を開花させていくのだめもびっくりな超天才ギタリスト物語であるということをアバンから見せつけてくれます。もう、この基本路線だけで引くんですが、素直に学園コメディってことで楽しむのが正しいスタンスなんでしょうね。どうも、音楽とかの芸術系をモチーフにされると表現の非現実性に厳しくなってしまいます。

そして相変わらず、軽音とはほとんど関係無い内容が展開されます。今更京アニのクオリティ云々とか騒ぐ理由も無いし、化けの皮はこれまでにはがされたし、好意的に評価する理由は特に無いですね。冷静に見てしまうと大した作品じゃないのは確実って感じでしょうね。

つか、キャラが濃いので長くなるともたれそうな気もしますね。つか、5人以上に増えると扱いきれないだろうからな。妥当な結論でしょう。
さぁミナ姫の秘密をどう処理するのか見物です。しかし、ちょっと期待はずれでした。バトルについては虎と狼では純粋に戦闘力が違うような気がするんだけどなぁ。印象としてはやはり短かったかなぁという気がします。美刃は勿体ないというかもう少し旨い使い方が出来たんじゃないかなぁという気がします。

ラストの遺産ネタはやや弱くて、結局まだ途中なんだなぁという印象。これ2クールにしてちゃんと最後までやれれば更に面白くなったんじゃないかなぁと思うだけに残念かなぁと思います。実際のところを振り返ると、話としては結構薄めで、新房監督だからこそ作品に仕上げられたという印象もあります。3倍の内容を2倍の時間でやれば間違いなく大傑作になったんじゃないかなぁと言う気がします。
なにやらテレ東が気合いを入れているらしいアニメノチカラシリーズ。少なくとも雰囲気は良い感じで始まりました。クオリティに関してはソ・ラ・ノ・オ・トから高かったので、今回も相応には期待できると思われます。こういう時代のものというのは、アニメが最も得意とする分野で、実写でこのレベルを出そうと思うととんでもないことになってしまいます。

しかし、やっぱり作品の大筋を確立させるまではしんどそうだなぁという感じは今回も見えます。ソラノオトに比べればストーリー性が高いだけに持って行きやすいかもしれませんが、リアル感を持っているだけに弾けたことは出来ないでしょうから、実直に積み上げていけないと展開が苦しくなってきます。

そういう懸念を上回るだけの物語を展開できるかがまずは勝負所でしょうか。超能力ものであるという点において自由度を持っていると思いますが、そこに頼り切ってしまうと大味になってしまうのでそれも危険です。

その辺りを気を付けながら旨く進めて欲しいものです。