FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
やっぱり、なんだかんだでキャラを順次出して行くという方式になってしまうようです。まぁキャラの数が半端じゃないし、話的に太い軸があるわけでもないということになれば、どうしてもそうならざるを得ないところです。惜しむらくは、それぞれのエピソードが一応の関連を持ってくれれば面白くなるんですが、それが出来ていないのが残念です。

まぁキャラがそれなりに可愛く活躍してくれれば良いんじゃないのということで、戦国の時代とは思えない程のお気楽度がこの作品の味なので、それを単純に堪能するというのが正しいということなのかもしれません。
スポンサーサイト



伯符と言う存在は、大抵の場合話にメインに関わってくる事が無いというのがこのシリーズの面白いところで、今回もそのパターンに入っています。伯符の話になるとストーリーがどうしても停滞するということになります。周囲のキャラがその分苦労する事になるんですが、今回は話を大きめにしているので、設定も大がかりです。

関わってくるキャラの数が多くなると面倒なので、適当に分散するというのは手法としては良いやり方だと思います。それを通じて一応それなりのエピソードも作ったし、展開としては上出来なんじゃないでしょうか。

敵の正体は謎としたままで、当面の目的を明らかにしたというのもタイミング的に悪くない。何から何まで謎にしたまま引っ張ると話が見えてこなくなりかねないんですが、秘密というのはコントロールしながらある程度リークすることで初めて意味が生まれます。解明不可能なような謎を用意すると碌でもないことになるというのは既に幾つかの作品が証明してくれています。

なんだかんだで細かいところをそれなりに作って来ているから、毎度毎度シリーズにつきあえるんだろうなぁと思います。そういう基本的なところって大事だなって思いますね。