FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
久しぶりに軽音部らしいエピソードが来ました。まぁ高校生となると、らしい活動をするにはこの位大仰しくしないといけないのかもしれません。それにしても薄っぺらいキャラの日常を延々と見せられるというのがこれほどまでに退屈なものだということを改めて理解出来たという感じがします。

まぁ所詮おバカな女子校生にキャラ性を求めても仕方ないのかもしれませんが、それにしてももう少しなんとかならないものだろうか。っていうか、1期に比べても悪化しているような気がしています。
ロリプレイに走るのかと思ったら、流石にいきなりそこまでは鬼畜じゃなかったようです。しかし、相変わらずエロが少ないと見るところがありません。デジタルズームの薄汚さと手抜き感ばかりが目立ちました。

この停滞感をどうするのか、やっぱりどうにもならないのか。これまで驚く程多彩なエロを出してきただけにもう少し期待したいところです。
よっぽどやる事がないんだなぁ。前回もお遊び回でしたが、今回は度を超えています。このノリが好きならそれなりに楽しめたのかもしれませんが、残念ながらそういう属性は無いのでいつも通りの方が全然良かったです。正直途中で止めようかと何度も思った程です。

OP/Edまで変えて凝っていましたが、こちらも素直にはっぴーにゅーにゃーの方が好みだったりしました。次回は元に戻ってくれている事を祈っています。
しかしだなぁ本編より粗筋編の方が面白いってどういうことだろう。キャラの数が少ないのに、どいつもこいつも薄くてキャラとして全くと言って良い程性りるしていない。だから言葉で説明している粗筋編の方が情報量が多いと感じられる。一気に話を展開させるからテンポも良い。だから見ていて楽しい。それに負けてしまう本編は情けない限りです。

しかし、いつから適役は理を語り、主人公側は信仰をもって正義と称するようになったのでしょうか。最初は斬新だったかもしれませんが、こう繰り返されるといい加減飽きが来るし、そもそも信仰で何かを語ろうなんてふざけた話が通用するはずがありません。そこでも底が見えてしまっているような気がします。

更に超能力バトルが酷くなれば大味になるのは必死でしょう。良くなりそうな要素がどこにも見当たらないのが残念です。
常識って何だ? まさにそれがこの一見無茶苦茶に見える話の根底にあるものでしょうね。素直に自分らしく生きる。他人の価値観に振り回されない。それを突き詰めると結局こうなるってことでしょう。凄いのは、それで誰が困っているわけでもないという事実があります。勿論そんな旨く行くとは限らないというのはその通りなんですが、逆に言えば旨く回ればそうなってしまうということでもあります。

それにしてもP子の声ってどこかで聞き覚えがあるなぁと思ったら、上賀茂かぁ確かにその通りですね。こちらはすっかりと少女していますが。

そうやって、橋の下の世界に入っていけばこれまで常識だ。絶対だと思っていたことが何の根拠も無い。何の意味も無いことだということがすぐに理解出来ます。それを非常識だと否定してしまうのは簡単ですが、それは自分がイデオロギーの奴隷になっているということを認めるということにもなるでしょう。

なんて、そこまで考えて作って居る訳では無いんでしょうけど、結果としてナンセンスモノはそういう傾向になりがちですね。
KazuSさんの部屋にあったビデオが気になります…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
弱小チームがある種の奇跡を起こすという物語の場合、やり易いのはスタードダッシュと言う手法なんですが、それをあえて避けるというのは面白いところです。恐らくは楽しむということを教えたいんじゃないかなという気がするんですが、話を作る為か表現が遠回しすぎる気がします。何れにしても首脳陣を信頼しなければチームとして機能するはずもなく、そういう選手は例え能力が高かったとしても外すあるいは移籍させると言う選択は正しいと思います。そういう選手がチームをぶち壊すという例は実際にあるでしょう。

開幕3連敗と言うと厳しいですが、初戦は3敗にしか過ぎない。それ以降で取り戻すことは十分に可能で、先を見てチームを作る事を優先するべきだというのは正しい選択。最初の数戦で結果がで無かったからと言ってそのやり方を否定するというのは、早計に過ぎます。

とは言っても負け続けるのにも限界があるのは事実。いつそれを反転させることが出来るか。それがポイントになりそうです。そのタイミングはなかなかに爽快だと思います。今から楽しみですね。
ワケワカ。俺たちは消えない? 何故消えないと言えるのかどうしたら消えるのかそれがさっぱり理解不能です。理解不能なところで何を積み上げたところで書泉は意味不明です。原理原則が判らない状態で、よくもここまでアクティブになれるものです。っていうか、消えないように努力しているようには正直見えないです。

ヒロインはどう見ても天使さまです。彼女の正体と世界のシステムを明確にすることが当面の目的になっているように思えますが、あまりにも行動が思いつきなので、話の進展との関係性が繋がってこない。そこが致命的です。

キャラの数も多くて色付けも濃い。その割にキャラ性は薄いので話くらいはなんとかして欲しいものです。
うーん判らない。結局なんなんだろうか。設定に翻弄されるキャラを見て楽しめとそういうことなんだろうか。正直あまり面白くないですが。諸々がかなり強調されてきていますから、暴走気味です。これでどうなるのかかなり心配です。

暴走系ギャグマンガに仕立てるつもりなんでしょうか。というか、このまま行くとそれ以外に道は無さそうです。まぁ美少女はそれなりの数居ますし、それはそれで悪くは無いかもしれませんけどね。
この作品を見る度に痛感するのは、やっぱり刑務所というのは、ルールとか法律とかマナーとかそういうものを信仰して疑わない連中にとって理想的な世界であるということだ。そういう奴らは纏めてどこかの刑務所に入れてやれば一生幸福なまま暮らしていけることでしょう。

汚い部分が仮にあったとしても見えなければ関係無いし、ルールであれば守られるのが当然な訳だから、何の問題も無い事でしょう。そうすれば娑婆も少しはマシになることでしょう。当然ですが中では虫けら扱いされても当然です。

是非そうして頂きたいモノです。
いや、面白い。良くできています。たったあれだけのキャラで、これだけ描き込みをするとくどくなったりするんですが、節度というか流れというかそうならないように旨く構成されています。今回の話にしてもたんなる昔話にしないで次回に展開させるようです。そうすることで、エピソードそのものに深みが出ます。それがキャラにフィードバックされて良い回転をしています。

政というキャラがこれまた絶妙で、単なるヘタレと思わせて、そしてこれまでのところ本当にヘタレでしかありませんが、それでも彼を中心にしてキャラが描写されることで表現に趣きが生まれます。この表現方法はとても面白いです。

そして、その対局に弥一が居ます。そのポジション取りがまた面白い。弥一は現時点では全く正体が謎だし、それどころか何を考えているのかも謎。でも何を考えているのか判らないというのは実は政も一緒だったりします。勿論二人の謎加減という何故謎かという部分は大きく違いますが。それでも結果としては同じというところが面白い。

弥一が政に拘っているところも謎になっています。そしてなんだかんだで梅も政に填って来ています。その絶妙な関係性が何とも言えません。そして、これからどうなっていくのか興味が尽きません。さて、どうなっていくのか楽しみです。
いいじゃないか腐女子な教師が居ても。しかし、クリーンヒットなゲームだなぁ淫乱双子姉妹って(笑) 義理のってのがなんとも怪しい。そこに淫乱教師が絡んでくるのだから凄まじいです。いや、淫乱と言っては可哀想か。暴走気味ではありますが。

それにしても不知火舞をやってアクセスアップできる女教師というのは凄まじいなぁ。是非お目にかかりたいものです。それとあの絶妙に動くネコミミも一つ欲しいものです。
こっちの孫策はなかなかに艶っぽいです。しかしながら、これで孫関係も打ち止めってことかもしれません。この後もう2つの材料を集めてそこからさらに展開でしょうから、話数的に厳しいことになってくるでしょう。キャラが多いとそれだけ扱うのが手間になります。しかも、それぞれにほとんど絡みが無いですから、話数的にも大変です。

ともあれ、それでも雰囲気を壊さずにここまで展開しているのだから立派なモノです。これをみていると本当に継続は力なりなんだなぁと痛感させられます。さて、ここからどうなってくるのか結構期待しちゃいますね。
伯符初めおバカ系のキャラが多いが故に運命的なものを感じさせることに成功しているというのは凄まじいです。キャラはほぼ駒ですが、駒もこれだけ数をそろえて相応に長い話に乗せてやるとこれだけの表現が出来るんだなぁとびっくりしています。

裏設定はともかくとして、今回は話としては非常に分かり易いので盛り上がってくると自然と熱くなってきます。基本お色気系ではありますがバトルアニメなので、そういう要素も重要でしょう。そう考えると、まんまと乗せられているというか、なんだかんだで思惑通りなんじゃないかという気もします。

実は結構計算されて出来ていたりするのかもしれません。
緩い、緩すぎる。緩急ってものが無いねぇ、緩緩です。いくら何でも女子校生はここまでお気楽に生きてないような気がしますがね。まぁおバカの話なので、そうなってしまうのかもしれませんが。

まぁ楽器を愛しているというのは判りましたが、はっきり言って精神異常者ですよ。行き過ぎでキモいです。いい加減なにか工夫とかペースを変える要素とか持ってこないんですかねぇ。芸が無さ過ぎというきがしますが。
うーん、話が動いたこと自体は歓迎できますが、良くも悪くも予想の範囲内だし、キャラは相変わらず駒にしかなっていません。作品の出来としては酷い出来という他ありません。シナリオが致命的ですね。

残念ながらここまで来てこの状態ということはもう駄目だろうな。シリーズ2作目にしてアニメノチカラとやらは挫折してしまいました。残念です。
あー新キャラですか。しかし、デジタルズームの連発は美しく無いです。関西弁は悪人に見えないというのは特権です。そして、ついにエロはシチュエーションから直接行為に及ぶようになりました。流石です。

しかし、同じ属性のクェイサーが複数存在出来るとは初耳です。もう何でもありですね。例によって話の方はお粗末です。まぁエロ専アニメとしての地位を確立出来たというだけで十分でしょうね。
しかし、極端なことしますなぁ。びっくりです。まぁ金に飽かせてという事なんだと思いますが、そこまでして結局撮影されていたのはパンツという辺りは笑えます。ある種究極の贅沢ということにもなると思いますが、問題はこのビデオを見てもその同好会が何をするものなのか判らないということでしょうか。

まぁ面白いからいいかってノリのようですが、作品全体としても何がしたいのか未だに判らないというのはそろそろなんとかして欲しいという気がしないでも無いです。
いや?、受けました。馬鹿受け。元々シュールさが売りの作品ではありましたが、今回はアリロニーが秀逸です。自分が常識人であると思っている人間の滑稽さが良く現れていました。常識って一体なんなんでしょうか。我々現代社会の常識人と、この橋の下の住人達と果たしてどちらが幸せなのか。より人間らしいのか。真面目に考えるとなかなかに複雑ですよ。

少なくとも常識とか呼ばれるものに振り回されるということが愚かしいことだということはよく判ります。現代劇にしてここまで完全に常識観念を転倒させることに成功するという設定はよく考えてみると凄まじいかもしれないです。

キャラクター達もおバカと言ってしまえばそれで終わりですが、ナチュラルと言えばそうかもしれないという気がして来ます。
2話を見逃したので、BSで補完しようと思ったら、地上波は4話まで行ってしまいました。しかし、面白い。ここまででは間違いなく今期最高の出来です。結末がどうなるのか難しい要にも思えますが、旨く乗り切れば傑作になるかもしれません。

魅力は粋というかウィットというか、腹に一物も二物もありそうな何とも言えない味のある会話。リアルとも非リアルとも言えないような微妙な世界観と、その世界観が作り出すこちらも何とも言えないテンポ感。謎めいたキャラクター達と、その絶妙な関係性。それらを壊さずに映像化している演出。と数えていけば幾つもあります。

愚か者は居ても馬鹿は居ない。小僧や小娘もほとんど出てこないというところにも安心感があります。例えば女郎の女達なんてなんとも魅力的に描かれていました。完全に脇役なのは判っているんですが、彼女達の存在と、それが醸し出す雰囲気が弥一というキャラクターを旨く彩っています。そういう相乗効果があちこちに見られて、あれだけスローな感じのテンポで進めながら、それでいて情報不足な感じが一切しない。かといって過密という印象も受けない。なんとも言えないバランス感が成立しています。

秀逸なシナリオとそれを実際に映像にする技術とセンスが格段に抜けています。人間性の面白味、社会構成の面白味、関係性の面白味。そういう味のある部分をじっくりと料理しているという感じがして非常に楽しいです。これからどうなっていくのか期待大ですね。
KazuSさんのパソコンから、無い音がします。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
しかし、多かれ少なかれではありますが、まともな人間が一人も居ないというのはどうなんだろうという感じです。それなりにキャラの数も増えてきたにも関わらず、微妙にずれている人達ばかりです。

それでこれから一体どんな半紙が展開されるのか非常に興味深いです。キャラとしてはそれなりに良い味になってきましたので、旨く使ってくれればそれなりに盛り上がってくるんじゃないかという気がします。

小鳥遊シスターズもここまで出してきたんだから旨く絡んでくれると話に奥行きが出るかもしれませんね。
モチベーション上げていきますねぇ。何の根拠も今のところ無いと言う状態で、予感だけはプンプンという状況を作って行ってます。まぁサッカーなんてメンタルな部分も大きいですから、そういう雰囲気がチームを作るというのもあるのかもしれません。

それでもハードルがどんどん上がって行っていることは事実で、この状態をどうやって納得できるものにするのかコレからどんな展開にしていくのか興味津々です。普通に考えると、最初の三試合がミソになりそうです。所詮から、狡猾で感性されたチームに当たるというのは、新生チームとしてはやりづらいというのはその通りかもしれません。

その相手に対してどう対応するのか楽しみです。
基本的にはハーレムものなんですが、それにちょっとプラスα的な要素を絡めているという感じでしょうか。前回一応初期設定が済んだことで話が進み始めたという印象になってきました。女性陣がそれぞれ近づく理由を何となく用意しているところが面白いです。真面目な魔術モノだと思うと腹が立ちますが、ハーレムものなんだと認識してしまえば、見方が変わります。

それぞれの女の子達が違った目論見をもって行動しているので、それがどういう結末を迎えるのかと言う部分が楽しみになりそうです。そう思っていると何も考えていない天然娘が油揚げをさらっていくという事になりそうなのが怖いです。
敵と味方とNPCをどうやって見分けているのかがさっぱり理解出来ません。せめて頭にマークでも付けてくれていれば分かり易いんですけどね。その基準が不明確かつ目的も不明瞭となれば話が見えないのは道理です。少なくとも敵とされている天使が一番可愛らしいというのは、狙っている部分もあるのかもしれないけど、話としてどうなんだろうかという気がします。

ルールが判らないから、展開も判らない。意味も判らない。しかし、今回を見ている限りだと結局天使が一番の主役なのかもしれないという気がしてきました。天使という存在がなんなのかということを求めるのがこの話の軸でしょうか。

で、成仏するのをなんで拒むのかが理解不能です。幸福を突き詰めれば成仏というのは、世界中古今東西全ての宗教が語っている通りです。幸福を求めるものは死ねばいいってことです。つまり、この世界を否定するということはすなわち幸福を求める人生観を否定するということ、その点については共感できますが、それが不良を気取ることと表現される辺りがチープに感じてしまいます。もう少しやりようは無かったんだろうか。

良いところも見受けられるものの、どうも後味が悪いというのが印象です。
強い自分が許されて、しかもそれ以上の男が無条件に自分を好いてくれる。まぁ夢のような理想物語ですが、ややウザいというのもあります。この手の話は、対男でも対女でも同様ですが、当事者たるキャラ、今回で言えば美咲ちゃんの魅力が一番のポイントなんですが、その部分が極端に弱いというのがどうにもならない点です。

少なくとも僕の目から見るとそう見えるんですが、女性の目から見ると彼女は魅力的に映るんだろうか。そこの部分が判らない状態です。ただ、見ていて個人的に楽しくは無いというのは変わらないですが。
うーん、キャラの癖を旨く使ってるなぁという感じがします。所々で出てくる突っ込みも良い感じでテンポを出してくれています。見せ方が旨いなぁという感じで、話としてはそれ程のことをしている訳でもないし、エロも思った程でも無いんですが、トータルで面白く仕上げています。

さてキャラが増えて動きがあるかなという感じになりました。これまではアプローチ合戦でしたが、そこにアクセントが付く事で面白くなる可能性が出てきました。モテモテな妹の存在も大きくなりそうです。さて、どうなるのか、期待したいです。
思春期男子の半分はエロで出来ている。まぁそれは正しいんじゃないだろうか。姉妹は近しいというのは強みではありますが、その分近すぎて新鮮味に欠けるという弱点はあります。身近な女性と異なるタイプの女の子が神泉に移るのはこれまた当然のことかもしれません。

そしてついに放尿プレイかと思いきや妄想止まりでした。しかし、それも2度は無くしっかりと聖水を浴びるというところまで行ってしまいました。凄まじい限りです。黄色で表現されなかったのがギリギリでしょうか。

そして、ノーパンプレイに突入。お約束のモロ見えです。まぁ代償は大きかったようですが、その分の至福は味わったということで、差し引きはプラスでしょうか。
まぁそもそも非常識なところ満載ではありましたが、それでも節度というか、世界観の範囲での一般性というかそれをそれなりに守ってきていたんですが、今作はそれも逸脱する方向かもしれません。結局バトルものを長編化しようと思うとどうしてもそうなってきちゃうんですよね。

竜関係はともかく、それ以外に酷い超常現象を出すのはあまり褒められたものじゃないので、出来れば止めて欲しいんですが、そうしないと関羽達の力をどうやって定義するのかが難しくなってしまう。あくまでも一般人としてのレベルとして高い戦闘力というだけでは収まらなくなってしまうのは仕方が無いことでしょうね。

さて、そんな状態の中で微妙に置き去りになっている伯符ですが、どうやって話に絡んで来るんでしょうか。そろそろ戻ってきてくれるんじゃないかという気がします。活躍に期待したいですね。
全然緊張感が無いというか話を進行させる意志が感じられないというかそこを徹底できるところが素晴らしいです。このマイペースっぷりがある意味見ていると安心することができます。結局仲が良くなる相手とそうでない相手を積み重ねることでキャラの関係性が構築されて行くというのが基本構成ってことのようです。

その結果どうなるのかについてはわかりませんが、まぁそれは見てのお楽しみという事にしておきましょう。ともかくキャラが出きって関係性が構築されきらない限りはどうにもならないので、ひたすらそれを待つ事にするとしましょう。