FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ワケワカ。俺たちは消えない? 何故消えないと言えるのかどうしたら消えるのかそれがさっぱり理解不能です。理解不能なところで何を積み上げたところで書泉は意味不明です。原理原則が判らない状態で、よくもここまでアクティブになれるものです。っていうか、消えないように努力しているようには正直見えないです。

ヒロインはどう見ても天使さまです。彼女の正体と世界のシステムを明確にすることが当面の目的になっているように思えますが、あまりにも行動が思いつきなので、話の進展との関係性が繋がってこない。そこが致命的です。

キャラの数も多くて色付けも濃い。その割にキャラ性は薄いので話くらいはなんとかして欲しいものです。
スポンサーサイト



うーん判らない。結局なんなんだろうか。設定に翻弄されるキャラを見て楽しめとそういうことなんだろうか。正直あまり面白くないですが。諸々がかなり強調されてきていますから、暴走気味です。これでどうなるのかかなり心配です。

暴走系ギャグマンガに仕立てるつもりなんでしょうか。というか、このまま行くとそれ以外に道は無さそうです。まぁ美少女はそれなりの数居ますし、それはそれで悪くは無いかもしれませんけどね。
この作品を見る度に痛感するのは、やっぱり刑務所というのは、ルールとか法律とかマナーとかそういうものを信仰して疑わない連中にとって理想的な世界であるということだ。そういう奴らは纏めてどこかの刑務所に入れてやれば一生幸福なまま暮らしていけることでしょう。

汚い部分が仮にあったとしても見えなければ関係無いし、ルールであれば守られるのが当然な訳だから、何の問題も無い事でしょう。そうすれば娑婆も少しはマシになることでしょう。当然ですが中では虫けら扱いされても当然です。

是非そうして頂きたいモノです。
いや、面白い。良くできています。たったあれだけのキャラで、これだけ描き込みをするとくどくなったりするんですが、節度というか流れというかそうならないように旨く構成されています。今回の話にしてもたんなる昔話にしないで次回に展開させるようです。そうすることで、エピソードそのものに深みが出ます。それがキャラにフィードバックされて良い回転をしています。

政というキャラがこれまた絶妙で、単なるヘタレと思わせて、そしてこれまでのところ本当にヘタレでしかありませんが、それでも彼を中心にしてキャラが描写されることで表現に趣きが生まれます。この表現方法はとても面白いです。

そして、その対局に弥一が居ます。そのポジション取りがまた面白い。弥一は現時点では全く正体が謎だし、それどころか何を考えているのかも謎。でも何を考えているのか判らないというのは実は政も一緒だったりします。勿論二人の謎加減という何故謎かという部分は大きく違いますが。それでも結果としては同じというところが面白い。

弥一が政に拘っているところも謎になっています。そしてなんだかんだで梅も政に填って来ています。その絶妙な関係性が何とも言えません。そして、これからどうなっていくのか興味が尽きません。さて、どうなっていくのか楽しみです。