FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
弱小チームがある種の奇跡を起こすという物語の場合、やり易いのはスタードダッシュと言う手法なんですが、それをあえて避けるというのは面白いところです。恐らくは楽しむということを教えたいんじゃないかなという気がするんですが、話を作る為か表現が遠回しすぎる気がします。何れにしても首脳陣を信頼しなければチームとして機能するはずもなく、そういう選手は例え能力が高かったとしても外すあるいは移籍させると言う選択は正しいと思います。そういう選手がチームをぶち壊すという例は実際にあるでしょう。

開幕3連敗と言うと厳しいですが、初戦は3敗にしか過ぎない。それ以降で取り戻すことは十分に可能で、先を見てチームを作る事を優先するべきだというのは正しい選択。最初の数戦で結果がで無かったからと言ってそのやり方を否定するというのは、早計に過ぎます。

とは言っても負け続けるのにも限界があるのは事実。いつそれを反転させることが出来るか。それがポイントになりそうです。そのタイミングはなかなかに爽快だと思います。今から楽しみですね。
スポンサーサイト