FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
気合いを入れてサポートするという名目でクラブの足を引っ張るだけというのは良くある話です。内情を理解せずに表面だけを見て判断することが多い。それが時にはカンフル剤になることもまぁあるかもしれませんが、変に頭に熱が入っている集団は間違った方向に進ませてしまうことの方が多いというのが正直な印象です。

プロのクラブチームですから、結果を求めるというのは当然ですが、結果だけを求めてしまうと短期的な視野の傾向が強くなり過ぎて失敗します。運の要素もあるかと思いますが、長い目で見て何を求めるかというビジョンをしっかりと持っていないと方向を見失うことになります。

単に勝ちたいのであれば、強力な外国人を突っ込んで引き気味にしながらカウンターを狙えばいい。それだけで結構な勝率を稼げるでしょう、当然の事ですが、そんなチームは脆弱なだけで翌年調子が悪ければ降格争いって事もあるでしょう。勝てる組織を作るというのはそんな簡単なことじゃない。ましてや悪い状態からのスタートであればなおさらです。

その辺を旨く描いているなぁという気がします。
スポンサーサイト



うーん、段々臭さが鼻に付いてきました。悪いのは社会の責任という発想自体がチープです。そういう要素がある事自体は構わないんですが、ほぼそれだけで構成されているというのはさすがに辟易という感じがします。

脱獄するまでは良しとしても、そこから先の方が問題であることは想像に難くないです。何を持って自由だとしているのかが謎です。まぁ当時ですからやり方はあるのかもしれませんが、彼らが不幸じゃない限りこの手の話は展開できませんからこれからも悲惨な状態は続くんでしょう。それを見て、自分は不幸じゃないんだと噛みしめるというのがこういう話の存在意義でしょう。

このままで終わってしまったのでは単なる下卑た話ってことになります。
アバンは楽しかった。そういう観点で話が進むとなれば見方も変わるかもしれないですね。この世を滅ぼすということの意味が何なのかがキーになりそうです。ここまででは単なる萌えアニメにしかなっていなかったので、正直飽きかけて居たのですが、今回を境にして方向性が変わってくれれば存外楽しめるかもしれません。

設定的におバカな娘がポイントになるというのがちょっと気になりますが、まぁそういう設定だと納得するしか無いでしょう。周囲の娘達が魅力を発揮してくれれば相応にバランスの取れた作品に仕上がるのかもしれません。