FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
キミキスは結構楽しめたけれど、こっちはどうでしょうか。安易に二番煎じだと面白くも無いので捻りは欲しいところです。まぁ美少女だらけの学校で生活できるというだけで幸せ状態なので、それだけでも楽しげな気分にはなりますが。

キミキスは瑛理ちゃん最強伝説があったので、それだけでアドバンテージがありましたがどうでしょうか。ゲームの方のキャラ紹介を見る限りだとゆかな声の娘が可愛い感じだったけど、どうだろうか。内気な一年生も可愛かったけど、キミキスでは能登が居たしなぁ。

とりあえず、今回は紹介で終わった感じがあるので次回以降に期待。この手は女の子達にどれくらい魅力を感じられるのかが一番重要なポイントになると思うので、その点は頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト



なんだこれ掴み所がねーなーと思って調べてみたら、何の事はない元ネタエロゲーかよ。それじゃどうにもならないということは前提条件ってことですね。まぁ純粋に楽しければ良いって方向のようですが、奇妙なのほほんさを気に入るかどうか微妙なところです。

今回は紹介回ってことでキャラペラペラでしたが、次回以降少しはキャラが膨らむことを期待したいですね。無理かもしれないけど。
真ん中で総集編というオーソドックスな構成。どうしても話の展開上時間が必要になるんですが、その時間が1年とか2年とかだと、どうしても限界が見えてしまいます。その時間では状況が劇的に変わっている訳でもないですから、結局は復讐劇がメインってことになりそうです。

ただし、石原は廃人状態なので、佐々木を相手にってことになると思うんですが、いくら奴が一定の成功を収めているからと言ってもそれ程大変なことだろうか。かなり怠い展開になりそうな気がします。

それを避けるためには石原の問題の他に何かを用意する必要があるでしょう。、それが何なのかは全く判らない状態です。旨く構成して欲しいですが、あまり突飛にも出来ないでしょうし、結局は小さく纏める方向なのかもしれないですね。
1話を見た限りでは世界観は良く見えてこなかったけれど、テンポ感が良かったというのは印象的でした。これまでアニメは保守傾向が強かったんですが、ここのところ革新こそ正義というスタンスに見える作品が増えてきたというのは良い傾向だと思います。世の中ではまだまだ保守本流か、保守亜流か程度で選挙とか政治参加とかほざいている間抜けが大量に生存しているようですが、既に害獣でしか無いということにそろそろ気付いて欲しいものです。

しかし、女性キャラの扱いが昨今難しくなっています。昔ながらのステレオタイプではもう通用しないと思われているんでしょうが、それにしても強すぎるヒロインというのはどうしても引いてしまう感じがするのは、自分が古いからなんでしょうか。相対的に男性キャラがヘタレ気味に描写されているというのも嫌悪感を伴う要因かもしれません。

何れにしてもここまでの段階では判らないというのが結論なので、もう少し様子を見てみないと何とも言えないというのが実際です。既得権益者に対する否定だけで構成されてもちょっとお粗末だし、単純活劇としてみるならやっぱりキャラをどう作り上げるかが重要になってくるでしょう。中途半端になるのが最悪なので、そうならないように巧く仕上げて欲しいです。